2014-02-24

毎年テネシー大学で開催される『セックス週間』に議員が憤慨し、脅迫している。

性とメディア

Raw Storyは、UT(University of Tennessee/テネシー大学)で毎年の恒例になっている「セックス週間(Sex Week)」の間憤慨した議員は、イベントの主催者を非難して、公共機関で来賓演説者のための資金調達を除去しようと脅したと報告した。

2014年03月02〜07日のキャンパスのイベントのワークショップは、性別雑学ゲーム、およびポルノグラフィー、トランスジェンダー・セクシュアリティおよびいわゆる「接続文化」に関する議論を特色とする。

昨年の就任のイベントで、それは同性愛の束縛エキスパートおよび抗力ショーを特色とした。
したがって、リチャード・フロイド下院議員(Rep. Richard Floyd/RChattanooga)の気を動転させ、彼は、イベントとその主催者を非難する拘束力がない下院解決を導入した。

UT管理者は、US$25,000のイベントのための州税に資金提供することをすべて落とした。
それはテネシーでのセクシャル・エンパワメントおよび意識(Sexual Empowerment and Awareness at Tennessee)によって支持されるが、それはセックス週間およびその主催者を非難するために今年拘束力がない両院合同決議を導入したフロイド(Floyd)を懐柔するのにはまだ十分ではなかった。

フロイドは、「私の地区の人々は堕落にうんざりする」
「このものを組織する人々がそれを持ちたい場合は、それらをキャンパスから離れさせてください。不足するすべてのセックス週間に望みある場合、彼らは羊でいっぱいの場所へ外出することができます。」と先週言った。

しかし、フロイドの記号身振りは州議員にとって十分でははなかった。
彼らは授業料がすべての公共機関で来賓演説者に割り付けられる方法を劇的に変更するテネシー州議会の中の1組の法案を提案した。

UTのイベントは学生活動料金によって資金提供されると、大学職員は言い、総計1人の学生当たり約21セントまでになる。その中で、約US$5,500ドルまで私的に付加的に、資金提供きる。

反セックス週立法者(anti-Sex Week legislator)は、変更が他の学校で学生に影響するかもしれないことを彼が残念に思ったと言った。
しかし、彼は、来賓演説者が州の全体にわたってふるい落とされたならば、議員が非難しないと言った。

「テネシー大学チャタヌーガ校(University of Tennessee-Chattanooga)の学生がそれへの衝撃を感じれば、私は残念です。
しかし、それらはこの原因がどこかに注目する必要があります。」とトッド・ガーデンヒアー上院議員(RSen. Todd Gardenhire/R-Chattanooga)が言った。

公共機関は、やむを得ずトッド・ガーデンヒアー上院議員が「妥協(the compromise)」という最初の法案によって学生団体のサイズに基づいた来賓演説者のための資金調達を与える。

その寸法が失敗する場合、トッド・ガーデンヒアー上院議員は「ハンマー」を落とす恐れがある。
どれがテネシーですべての公立大学および大学で来賓演説者に資金提供することを学生活動料金を含む制度上の財源にいくらか禁じるか。

トッド・ガーデンヒアー上院議員は、両方の手段が政治上学生が公共機関によって集められた料金によって払う内容の平衡を保つように意図されたと言いました。

UTCの学生自治会プレジデントは、グループ・メンバーシップに外貨割当を結び付けることがキャンパス・プログラミングの多様性を弱めて教育の機会を縮小するだろう、と言った。

「私は、あなたが高等教育によってやむを得ず見解に挑戦するべきであると信じます。」
「それは経験の一部です。それはあなた自身にあなたが同様に何を聞きたくないか聞く機会を与えて、知的誠実性の一部です。」
と、UTCの学生自治会協会の会長ロバート・フィッシャー(Robert Fisher, president of UTC’s Student Government Association)た。