2014-02-24

キューパーティーノ・オフィスに展示されるスティーブ・ジョブスの彫像?

ブライアン・シャフィン(Bryan Chaffin)はMacObserverで、MacRumorsからの情報として、またMacRumorsはセルビアの新聞Netokracijaからの情報として、新聞Netokracijaの記事はGoogleによって機械翻訳された記事をMacRumorsが読んだと言っている。

まさにインターネットらしく、何段階も経て、セルビアのベオグラード(Belgrade, Serbia)でセルビアの新聞Netokracijaによって明らかにされた記事によると、彫刻家ドラガン・ラデノビック(Dragan Radenović/Драган Раденовић)によるスティーブ・ジョブスの彫像が、キューパーティーノ・オフィスのうちの1つで示されることが、アップルによって選択されたと報告していると伝えている。

ミニマリズムの賛辞は、コンピューターによって使用される二進法を表わして、スティーブ・ジョブスの胸部、2つのキリル文字、ロマン数字0および1を含んでいる。

現在明らかにされた彫像は、デモンストレーションのために作られた彫刻の小さなバージョンで、考察目的である。

最終バージョンは高さ3〜5m(およそ10-16フィート)になるだろう。

彫像は、既にスティーブ・ジョブスのファンからの否定の調査を蓄積している。

新聞NetokracijaのGoogleによって機械翻訳された記事では、それはアップルの上級管理によって選ばれた。
この人は部分の欠陥が好きだった。
それはキューパーティーノの無指定のアップル・オフィスで表示されるだろう。と言うことになっている。

彫刻家ドラガン・ラデノビックは、世界に名高い彫刻である。
この人はジョージH.W.ブッシュ大統領(President George H. W. Bush)の胸部を含む多くの胸部を作った。

彼のサブミッションは特にこの選別過程に登録されて、10,200のうちの1つだったと言っている。