2014-02-24

水晶は「地かくの最も古い切れ端」

BBC Newsは、44億年来の小さな水晶は地殻の最も古い破片として確認されたと報告した。

ジルコン(zircon)はウェスタンオーストラリアのジャック・ヒル(Jack Hills region of Western Australia)の地域で砂岩で見つけられた。

科学者はそのウラニウムの研究により水晶に日付をつけて、原子をリードしている。

前のものは、後者へ非常にゆっくり時間にわたって腐食し、時計のように使用できる。

発見はネイチャー誌地球科学(journal Nature Geoscience)の中で報告された。

Hadean age for a post-magma-ocean zircon confirmed by atom-probe tomography

John W. Valley,
Aaron J. Cavosie,
Takayuki Ushikubo,
David A. Reinhard,
Daniel F. Lawrence,
David J. Larson,
Peter H. Clifton,
Thomas F. Kelly,
Simon A. Wilde,
Desmond E. Moser
Michael J. Spicuzza
AffiliationsContributionsCorresponding author
Nature Geoscience (2014)
doi:10.1038/ngeo2075
Received 15 July 2013
Accepted 31 December 2013
Published online 23 February 2014

その含意は、以前に考えられたより、地球が46億年前にその構成の後、固体の外皮を形成したということで、月を生んだと思われる火星サイズの大きな衝突に非常に速く続いて、その後わずか何千万年であった。

この時の前に、地球は溶かされたマグマの動揺したボールになっていたと考えられている。

しかし非常に早く強固になったその表面が私たちの世界で、その歴史に非常に早くホスト生活に準備ができているようになったという知識の期待をかき立てると予想を上げると言っている。

「これは、地球がどのように冷えたか、住むのに適しているようになったかの私たちの見解を確認します」と第一著者で、米国のウィスコンシン大学マジソン校ジョン・ヴァリー教授(lead author Prof John Valley, from the University of Wisconsin-Madison, US)が言った。

「私たちは、生命がそのとき存在したという証拠を持っていません。私たちは、それがなかったという証拠も持っていません。しかし、それは、すべての理由が43億年前に少し、存在することができた。」とロイター通信社に伝えた。

プレート・テクトニクスと風化作用は、地球の初期の表面で、全くわずかしか、がこれから研究されないことを保証した。

35億年以上であるいくつかの造岩は、カナダのような選択した場所で続けた。
しかし、数億年未満で、地球の表面の岩の大部分は現代と同じであった。

ジャック・ヒルで見つかったジルコンは、より新しいもので、再生材料に組み入れられたタフな数片の古い岩である。

しかし、肉眼でかろうじて見えるそれらは、まだもとは凝固した条件上の洞察を保持している。

従来の研究は、非常に古代であるためにジョン・ヴァリー教授の出版で、ジャック・ヒル・ジルコンを示した。
しかし、科学者は、その鉛原子のうちのいくつかが失われたかもしれないか、さらに水晶の内部で時間にわたって移動したという懸念を持っていた。

これは、ジルコンが、それが実際より古かったという印象を与えていた。

しかし、2つの敏感な分析技術を使用して、ジョン・ヴァリー教授と同僚は、ジルコンの内部ウラン鉛時計が真実の時を示していたことができた。

そうする際に、それらの研究は、地球が生じた約1億年後、地球で存在したことえお大陸地殻を強く示唆した。

また、それは、もし温度が十分に低かったなら、恐らくその表面でさらに液体水を保持することができただろうと私たちに暗に伝えていると報告した。

ウェスタンオーストラリアのジャック・ヒル(Jack Hills region of Western Australia)のGoogle Earthポインター情報
18°58'60.00"S,125°51'0.00"E
または、
-18.983333, 125.850000