2014-02-24

珍しい「ポリオのような」疾病報告書。

美容と医学の科学

BBC Newsは、米国の医者は20人までが感染したカリフォルニアで、新興ポリオ(polio)のような疾病に注意していると報告した。

米国神経学会(American Academy of Neurology)の会合は、何人かの患者が治療で改善していなかったすべての四肢が麻痺したと言った。

米国にはポリオがない。
しかし、関連するウィルスは、さらに麻痺に結びつく神経系を攻撃する。

医者は、彼らがポリオのようなウィルスの流行病を予期せず、伝染はまれなままである、と言った。

ポリオは危険で心配された小児期感染症である。

ウィルスは急速に神経系に侵入し、200のケースのうち1人の麻痺を引き起こした。

それがワーキングから肺を攻める場合、致命的になりえる。

グローバルな予防接種プログラムは、ポリオが正当な3国、アフガニスタン、ナイジェリアおよびパキスタンにおいて固有であることを意味した。

ただし、アフガニスタンには、米軍が展開し、ナイジェリアとパキスタンには、多くの米国人が行っている。

過去18か月に、ほとんど子どもに、新しい伝染の20人の疑似患者がいた。
5つのケースの詳細解析は、ポリオウイルスと関係がある腸内ウイルス-68(enterovirus-68)が原因であるかもしれないことを示した。

それらの場合では、子どもはみなポリオの予防注射を受けた。

徴候は1本の手足中の制限された移動から脚と腕の両方の厳しい弱さに及ぼした。

カリフォルニア大学サンフランシスコ校の神経学者エマヌエル・ワウバント博士(Dr Emanuelle Waubant, a neurologist at the University of California, San Francisco)は、BBCに
「新しいケースのペースに明白な増加はありませんでした。したがって、私たちは流行病は良いニュースを経験するところでないと思います。」
「しかし、それは、中から重度の傾向があり、合理的に積極的治療にもかかわらずまた多くを改善するようには見えない徴候を示すほど不運な個人にとって悪いニュースです。」伝えた。

研究チームは、ウイルスが一つの集団または発生を意味すると思わないように、ケースは100マイルの直径(160km)に広げられた。

しかし、さらに多くの人々が重大な徴候を示さずに、ポリオの場合があったように感染するかもしれなかった。

エマヌエル・ワウバント博士は、アジアの類似したケースが、米国の他州でなく、カリフォルニアが影響を受ける理由を説明できたと思った。

スタンフォード大学の研究者仲間キース・ヴァン・ハーレン博士(Dr Keith Van Haren, from Stanford University)は、その場合、カリフォルニアで「新興の伝染性のポリオのような症候群の可能性を強調する」と言った。

彼は、
「我々は、この症候群が非常にまれに見えると強調したい。親が子どもで麻痺の徴候を見る時は常に、その子どもは医者にすぐに見られるべきである。」と付け加えた。

ノッティンガムの大学のウイルス学の教授ジョナサン・ボール(Jonathan Ball, a professor of virology at the University of Nottingham)は、BBCに発見物に関してコメントして、
「ポリオウイルスの近い根絶以来、他の腸内ウイルスは麻痺に関係している。しかし、これらのウィルスは通常非常に穏やかな寒い類似の病気を引き起こす。また、厳しい複雑は非常にまれである。」

「2人の子どもが、腸内ウイルス-68と呼ばれるウィルスの菌種によって感染する証拠を示した。それは、強く呼吸器疾患の発生に関係しているようになった。」
「腸内ウイルスのこの負荷はこれらあるいは他の麻痺のケースを引き起こしす可能であるが、推測のままである。これを決定するために、さらに研究が必要だろう。」と言っている。

2014-01-13---インド、ポリオ撲滅を祝福!
2013-10-21---戦争で破壊されたシリアでのポリオ発生の恐れ!
2013-01-01---6人の女性を含む、7人のチャリティー労働者がパキスタンで射殺。
2012-12-18---パキスタンのカラチで、ポリオの予防接種労働者が射殺された。
2012-12-18---カラチのポリオ殺害と、その予防価値の損害!
2012-02-20---インドは、どのようにして、ポリオの戦いで著しい成功をしたか!?
2012-01-12---インド、ポリオ根絶を宣言!
2010-05-23---MMRワクチン接種と自閉症の関係を明らかにした医師への判決。
2001-10-19---世界で最初の天然痘がBC1万年頃起こった。
1979-10-26---地球上から天然痘が根絶されたと宣言した。
1976-09-18---種痘の定期接種を中止した。
1962-01-11---イギリスで天然痘の伝染が確認された。
1899-12-17---東京の水道工事が完成した。
1875-01-12---第10代皇帝同治帝が病死した。
1832-01-26---天然痘ワクチンのジェンナーが 死去した。
1796-05-14---最初の天然痘種痘がはじまった。
1771-08-15---作家のジョン・ウィルソンが生まれた。
1749-05-17---天然痘ワクチンのジェンナーが生まれた。
1732-03-31---作曲家ハイドンが生まれた。
1727-03-20---ニュートンが死去した。
0752-04-09---東大寺の大仏開眼供養が行われた。