2014-02-24

中国の文化的遺物で16%は、ひどく被害を受けた。

新華社は、中国の文化的遺物の保護を担当する職員は、中国の博物館のアイテムの約16.5%がひどく被害を受けたことを月曜日に明らかにしたと報告した。

SACH(State Administration of Cultural Heritage/国家文物局)長の励小捷(Li Xiaojie)は、国家評議会案内所によって開催された記者会見で意見を述べた。

2002〜2005の間のSACHによって行なわれた調査で、博物館の歴史上のオブジェクトの50%以上が230万のアイテムへの損害を含む異なる程度に被害を受けたことが分かり、その中で合計の約16.5%は、「厳しい」と、彼が言った。

これはそのまま、中国の文化意識の低さと言える。

被害は避けられない傾向であるが、損害を止めるために何かを行わなければならない、と励小捷が言った。

貯蔵条件は温度、湿度および光を含めて改善されるべきである。

2006年-2010年の11回目の5か年計画で、6億元(US$9800万)ga博物館で投資され、過去3年にわたって、政府が被害を受けたアイテムの回復に8億1700万元を費やした、と励小捷が言った。

励小捷は、資格のあるスタッフの不足が主なボトルネックであることを説明した。

中国は、入場料金なしで2,500を含む3,866の博物館がある。
どれ、年間約5億6000万人のビジターを受け入れた。

文化遺産保護法(文化遗产保护法)への修正は今年の年末までに準備ができるだろうと励小捷は言った。