2014-02-24

中国の将軍は、スモッグが米国レーザーに対して「最良の防御」と言った。

BBC Newsは、中国の一般的な発言権を持った一人である中国の将軍は、中国の厚いスモッグが、米国のレーザー兵器に対するその最良の防御であると言ったと、報告した。

我们的秘密武器 张召忠:雾霾是对美国激光武器最好防御 !

中国は、スモッグを武器にして、国民を見捨てた。

中国の将軍は、国民の命を守るより、国防が重要なようだが、中国の国防は国民を守るより、中国共産党を守るためと言うことなのだろうか?

サウス・チャイナ・モーニング・ポスト(South China Morning Post)によれば、国営放送のCCTVテレビに、人民解放軍少将で、中国人民解放军国防大学教授である张召忠(People's Liberation Army Major-General and PLA National Defense University Professor Zhang Zhaozhong/人民解放军)が話したと伝えた。

「スモッグがないところの条件の下で、レーザー兵器は発射することができる範囲は]10km(6マイル)。」と彼は言った。
また、「スモッグがある場合、それはわずか1kmです。この種の武器を作る意味は何ですか。」と加えて言った。

ソーシャルメディア・ユーザーによって、张召忠将軍はオンラインで批評され、彼のコメントがコンテキストから取り出されたと言った。

彼は、スモッグのために主張しないで、レーザー・ガン(laser gun)の弱さについて話していた言った。

一般のコメントは、ペンタゴンがUSSポンセ(USS Ponce)に乗った最初のレーザー兵器を展開させる準備をしているという報告に続いた。

中国のメディアは、上側が汚染にあることを他のところに示唆した。

The Global Timesは、厚いスモッグがミサイル攻撃を妨害するかもしれないし、諸外国が偵察任務を実行することをより難しくできたことを示唆した。

また、公式通信社新華社は、「スモッグからの驚くべき5つの益(The Five Surprising Gains from the Smog)」とタイトルをつけられた記事を公表した。