on-the-time.jp

2014年02月18日

GIジョーはどのようにして世界で最も成功した少年の玩具になったか?

BBC Newsは、子供の頃のエール・オールグッド(Ace Allgood)は、月曜日に軍隊で勤務し、火曜日にゴリラを追い、水曜日にパラシュートで降りに行った。

彼の沈黙は、子供として彼に少数のGIジョー(GI Joe)アクション・フィギュアを買ってもらったことで始まった。

エール・オールグッドは、「GIジョーは、私が望んだどんな冒険でもすることを認めた。」と、彼は孤独な幼年期からの重大な回避を優しく思い出したと報告した。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

1964年に始められて以来、何億ものGIジョーはロードアイランドのハズブロー(Rhode Island-based Hasbro)によって製造され売られた。

また、それらは50年間にわたって、何億もの冒険は米国と地球を横切ってエール・オールグッドのような子供によって考え出された。

2004年におもちゃの栄誉の殿堂へGIジョーを就任させた委員会の一部だったペンシルベニア州立大学の子どもの歴史の教授ゲーリー・クロス(Gary Cross, a professor of children's history at Pennsylvania State University)は、それが20世紀におもちゃで最も人気のある少年になるのを支援したのがGIジョー・プロットの展性であると言った。

「それは何かを想像することは、私にとって難しい。それは、20世紀上に、おもちゃのデザインでもっとインパクトを持っていただろう。」とゲーリー・クロス教授は言う。

さて、GIジョーがニューヨークで50歳の誕生日を明瞭に祝うとともに、
ハズブローの「実際のアメリカのヒーロー」は21世紀に生き残ることができるか?と言う疑問であった。

それらを「人形」とは呼ばない。

最も成功した少年のすべての時間の玩具は少女に感謝することができる。

1959年にマテル(Mattel)によって始められて、バービー(Barbie)の大成功の後、ライバルのおもちゃの会社ハズブローの役員は少年の好みに合うものを捜して、頭を引っ掻いていた。

その時、会社のためのクリエイティブディレクターのドン・レヴァイン(Don Levine)が入社した。

元軍隊人自身ゆえ、あるいは米国の軍隊で貢献した、日常の兵士であったドン・レヴァインは、「政府がジョーを出した」後モデル化された少年のためのライン玩具を作成することを決定した。

考えは、父親、おじおよび隣人が最近第2次世界大戦か朝鮮戦争のいずれかの中で戦った少年の世代にそれらが訴えるであろうということであった。

それらをただ人形と呼ばないでください。

「販売で、用語「人形」を使用することを禁止された。誰かがそれを人形と呼んだなら、それらが罰金を科されました。」とハズブローの元製品管理者カーク・ボジガン(irk Bozigian, a former product manager at Hasbro)は言った。

「活動家」あるいはアクション・フィギュアとあだ名をつけられて、ハズブロー最高経営責任者メリル・ハッセンフェルド(Hasbro chief executive Merrill Hassenfeld)は、GIジョーが会社の将来になるだろうと決定し、おもちゃの歴史で最も大がかりな着手のうちの1つを計画しました。

「メリル・ハッセンフェルドは、彼のチームが簡単な解決策があると考えました。また、彼は、この努力に会社の将来を賭けるだろうと決定しました。それが動かなかった場合、回復するのに[会社]が苦労するだろうと確信した。」ハズブローの少年のための現在のマーケティング担当副社長デリリ・デプリエスト(Derryl DePriest)は言っている。

「しかし、その洞察は成果をあげました。そして私たちがそれを知っているとともに、ハズブローは、現在の、オリジナルのGIジョーの成功で基礎に構築された。」

しかし、それは1964年から順調な進行ではなかった。

その最初の成功のわずか数年後に、例えば、戦争についてのアメリカの意見、ベトナム戦争が荒れたとともに、より複雑になった。

「他の生産ライン以上のGIジョーは、それを囲む社会力の影響の製品でした」とデリリ・デプリエストが言った国。

したがって、1969年に、米国陸軍、米国海軍、海兵隊および空軍のヒーローを特色とする代わりに、ハズブローは、「GIジョーのアドベンチャー」を始めた、それはその後1970年にアドベンチャー・チームになった。一連のアクション・フィギュアは、戦争で戦う代わりに、白い虎を救うことのような冒険指向の使命に従事していた。

「その会社は、根本的に変更する効力を中へ遺言で残しています。」
「それは単純なバックストーリーから離れないわけではありませんでした。それは、その長期生存について説明します。」と教授クロスが言った。

1970年代の終わりに、世界石油市場の圧力は、プラスチックの価格を押し上げ、また、価格を上げるのではなく、ハズブローは1976年に12インチのGIジョー・モデルを退かせた。

しかし、引退の後にさえ、名前または超大国を持っていなかった玩具あるいは予測可能な物語「日常のヒーロー」の魅力は、ハズブローのデザイナーおよび販売業者に訴え続けた。

したがって、カーク・ボジガンと、彼の上司ボブ・プルピス(Bob Prupis)を含む人々の中核グループは、ジョーを戻す方法を考え出すために陰で下手な修繕をし続けた。

スターウォーズ・アクション・フィギュアの成功によって励起されて、カーク・ボジガンは、上司、および後でデパート、シアーズ・ローバックへのしぼんだGIジョーについての考えを投げた。
それは3および34分の1インチに根本的により小さかった。

しかし、スターウォーズと異なり、GIジョーは特定のプロットを持っていなかった。
また、幹部は懐疑的であった。

したがって、それらは新しいことを考え出した。
映画どころかテレビ番組の余裕がないので、それらは、コミックを書くためにマーヴェルでラリー・ハマ(Larry Hama)に委任した。

「私たちが持っていた秘密武器は、私たちがテレビでコミックを広告するつもりだったということであった。

「コミックは、テレビでかつて以前に広告されていなかった」とカーク・ボジガンが言った。

会社が、彼らが最初に望んだ5倍以上の販売を1年以内に行って、1982年に再度始められた-GIジョーの将来を安全にすることができた。

その時以来、玩具は、1つの形式あるいは別の形式で絶えず製造された。

最近の時代では、ブランドの成功が、部分的には2つのGIジョー映画のリリース、だが主として収集者の専心的なグループによった。
その大部分はオリジナルのGIジョーと遊ぶことを経験した40代および50代であった。

ハズブローは、会社の財産がGIジョーの成功にもはや結び付けられないと認めた。
そして、大きな映画のイベントなしで、ブランドを継続させるのはほとんどコレクターである。

しかし、それらのコレクターのうちの数人さえ、玩具がまだ同じ訴えを持つかどうかと思っている。

ジャスティン・ベル(Justin Bell)は毎年1982年以来GIジョーを買っており、ファン・サイトGeneralsJoes.comを実行している。

しかし、彼は、玩具で遊ぶようには8歳の娘に説得することができない。

「この日、私は、子どもとの付属がそのとき同じようにそこに戻ったことを理解しません。子供のための娯楽の非常に多くの形式がさらにあります。」と彼は言った。

そのため、映画、対話型のゲーム、あるいは新しいプロットのいずれかを通って、GIジョーはもう1つの変形に直面しそうかもしれない。

「アクション・フィギュアは変わらなければならなくなるでしょう。それらは子供がどのように演じるかの新しい世界へ適合しなければならなくなるでしょう」とカーク・ボジガンが言った。

しかし、彼は、
「少年、あるいは想像を持っており、彼らはそれらの想像が生き返るのを見たい子どもがいる限り、私はアクション・フィギュアの必要が常にあるだろうと思います。」と付け加えた。

ただし、戦場から生まれたオモチャは、子供に戦場をあこがれの場所に洗脳し、多くの若者を殺していることにもなる。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。