gaYa広告

2014年02月18日

日本でも外来魚で戦っているが、シカゴはアジアの鯉と戦っている。

BBC Newsは、米国都市シカゴは、北アメリカの五大湖に横行する巨大な魚を防ぐ徹底的な手段を考慮していると報告した。

朝日新聞は2014年01月25日に、日本でも井の頭公園の池で初めて、水を抜いて水質浄化し、外来生物を駆除したと報告したが、シカゴ当局は、ミシガン湖に入るアジアの鯉を止めるために都市の運河システムを閉鎖しようと考えている。

そのような動きは、US$180億もかかり、都市へ大きな経済混乱をもたらすかもしれない。

より安いオプションも検査されており、魚から作るバーガーを含んでいて、消滅にそれらを食べている。

鯉のこの種は、名前が示唆するとともに、極東に固有種である。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

汚水処理場の藻の強化をコントロールするために、それらは、30年以上前に米国南部の州にもとは導入された。

しかし、それらはミシシッピ川へ逃げて、それらの方法をグレートレークの方へ北に移動して増殖した。

長さで1mより大きくなるので、それらは、途中の在来魚種を置き換えた。

ボートが接近するとともに、それらはしばしば水から飛ぶ。

地方の環境上の運動家マイケル・ビーチャム(Michael Beecham)は、この恐ろしい光景で、彼の経験について、問題を公のコンサルテーションに伝えた。

「私は川を下って行っており、これらの魚を飛びはねて、私の顔を打った。」
「それは我々の自然な種のための大問題である。」と彼が言った。

会合は米陸軍エンジニアの団体(US Army Corps of Engineers)によって組織された。
それは、議会とホワイトハウスに鯉問題の技術的な解決策を考え出すように依頼された。

その研究はいくつかのオプションを前に置いた。
そのうちの1つはシカゴの運河システムの部分を閉鎖することを含んでいる。

これは、完成するために25年かかるかもしれない。

フレデリック・ドラムンド大佐(Col Frederick Drummond)は、問題が金融のと同様に情緒的な要因を持っていたと言った。

「私は、それが非常に複雑な研究であると人々に伝える。シカゴには910万人がいる。また、100年間以上、その運河はそこにある。また、経済的影響は相当である。」

会合を傍聴したホワイトハウスを表わして、ジョン・ゴス(John Goss)は、運河システムの中に永久の障壁を持っていることは産業に影響する結果を心配した。

「それは確かに輸送費を増加させるでしょう」と彼がBBCニュースに伝えた。

「そのシカゴ船舶用運河を下って材料と完成品をもたらすことは現在非常に安い。また、効率的です。製鉄業は例えば、はしけ舟でくず金に依存します。」

エンジニア報告書の団体によって示唆されなかった別のより安いオプションは、魚を食べることである。

ダウンタウンのシカゴから遠くない専門家で魚屋ダーク・フチーク(Dirk Fucik)はコイ・バーガー(carp burger)を売っている。

彼は、コイは大きな資源であると思うと伝える。

「それをつかまえ、それを捨てることは浪費です。」と彼が言った。

「それらを食べることは、その問題を解決するのを支援し、さらに仕事を提供します。」

レモンの皮と胡椒と混じり合ったフチークのバーガーは全く悪い味がしない。

しかし、その考えはまだ人気を得ていない。

これまでのところ、彼は、コイ・バーガーを売るシカゴの全体でただ一人の人である。

中国人は「堤防工事で大金使わなくても、中華レストランを作れば食い尽くしてやるのに」と揶揄していると報告した。

アジアの鯉は米国とカナダの田舎のためだけの問題であるように見えるかもしれませんが、シカゴのシェッド水族館のロジャー・ジャーマン(oger Germann, of the Shedd Aquarium in Chicago)は地球の残りも関係しているべきであると言った。

「20%の真水の世界が、グレートレークにあります。また、経済的理由から、それらが輸送することがより多くのコストへ行くので、ここで財貨・サービスを得るために、イギリスや世界の他の地域の人々が依存し続けてもよいことは、出荷に影響するでしょう。」

イリノイおよび近隣の州はまもなく解決を見つけなければならない。

多数が、魚が止められず、それらがグレートレークを新しいホームにすることは、時間の問題だけである、と信じられる。

鯉問題(The carp problem)は、AAAS(American Association for the Advancement of Science/アメリカ科学振興協会)の年次会議で議論されていた。

米国は、恋の問題ではなく、鯉の問題などと、ダジャレを言っているときではない。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

gaYa広告