2013-09-12

シリア内戦のもう一つの側面、シリア難民の子供が、学校へ帰っている。

BBC Newsは、イルビドのアル-モタナ・ビン・ヘレサ学校(al-Mothana Bin Haretha school in Irbid)で、生徒は授業が始まる前に、ヨルダンの国歌が拡声器から外にぱちぱち音を立てるとともに、ともに歌おうと努力しているとBBCのレポーターYolande Knellが報告した。

ここの少年はほとんどすべてシリア難民で、彼らは北ヨルダンのこの都市にとどまるために最近来た。

多数が、ダルア(Daraa)から国境を横切って、25km(15マイル)遠方に来ます。そこでは、シリアの内紛は2年半前に始まった。

彼らは、それ以来学校へ行ったことがない。

「私たちは、ダルアの前学校が閉じたときでさえ、家庭が子供を養いました。」と1人の母親が伝えた。

「私たちは、セキュリティを心配しました。すべての戦う進行をオンにしたまま、私は子供を外に出したくありませんでした。」

校庭で校長は、それらの腕を上げて、かつその場で進む、若い学生へのいくつかの指示を叫んだ。

それらは、軍事演習兼練習のルーチンを楽しむように見えた。また、それは、訓練を維持するのを支援した。

ベルが鳴る場合、少年は庭から内側に縦列で進む。また、レッスンは始まる。

Yolande Knellは前日、学校に泊まり、12歳のTarik Btahiが一緒であった。

彼は、「私はファーストクラスを楽しみました。」
「私は幸福です」
「それは困難ではありませんでした。」と話している。

しかしTarikは、多くのここにいる少年のように、今、彼の年のわりに、2つの等級遅れている。

「この理由で、私たちは学年の初期の時期に補修クラスを与えるでしょう。」
「基本的技能と知識に注目しているように、私たちは、学生にそれらの記憶をリフレッシュして欲しい。」とイルビドの教育局長Owyed al-Sqoorがと言った。

今イルビド・エリアには10の政府学校に通う10,000人のシリアの学生がいる。

さらに5つの政府学校を開く計画がある。

多くの子どもに余地を捜してやるために、
ヨルダン人はクラスに行き、そして昼食時に次のシリア人が引き継ぐ、二交替を操作している。

そのとき、クラスでは、50人あるいは60人の子どもとの過密があり、それは教師と資源に負荷をかける。

Unicefは、教師の給料および管理費をカバーする、ヨルダンの政府当局に、財政的援助をしている。

さらに、それはシリアの学生に本とバッグを与える。

新しい期間のスタートでは、難民コミュニティーの中で、「学校へ」のキャンペーンをしている。

「ヨルダンに一時的にあると彼らが思うので、何人かの家族は、学校に彼らの子どもたちを行かせるというポイントを見ません。」「時々、それらは経済的に苦闘しています。また、子どもたちは働きます。」
「私たちのチームは、親に話しかけるために難民が住んでいるエリアへ行きます。時々、それらは、ここに学校へ行くために登録することができることを理解しさえしていない。」とUnicefからのトービー・フリッカー(Toby Fricker from Unicef in Jordan)が話した。

ヨルダン中の町および都市では、約180,000人の学齢難民がいる。その中で、学校へ行くために50,000だけが登録されている。

Zaatari難民キャンプでは、30,000人の子どもの半分が今、クラスのために登録されるように、今年劇的に増加した。

「私は、10歳と8歳2人の少女がいます。」
「最初に、あまりにもずっと遠くにあったように、それらがキャンプの学校へ行くのは非常に難しかった。さらに、冬は非常に寒かった。また、私たちは洪水被害にあっていた。」
「多くの問題がありました。」
「今、私たちの近くにより、新しい良い学校があります。そして、娘はそこに行きます。それらはうまくやっています。」とUm Ranyaは言った。

Zaatariキャンプの授業日の終わりに、小さな子どもは、練習帳をしっかりと握って、テントまたはキャビン中のそれらの間に合わせの設備に戻るのを見ることができる。

子どもには行く安全な場所があり、外見では彼らがここで正常な生活を持つと思われ、民間の組織は教育サービスを優先的にしている。

Save the Childrenによって実行される幼稚園では、子ども、少年のうちの数人および少女は、芸術クラスの全体にわたって与えられた、新しいリュックサック着用していることを主張して喜んでいる。

助手は、シリアの家を出た後に、彼らの所有物をほとんど持っていないことを説明する。

多数が、内戦の間にそれらの経験によって深く衝撃を受けている。

レポーターが彼女のテーブルに接近するとともに、1人の少女がワッと泣き出す場合、彼女が「見知らぬ人を非常に怖れる」と聞いた。

難民子どもの間の他の共通の問題は、寝小便と悪夢を含んでいる。

それらの親と教師のための、ある無謀なショーおよび攻撃的な振る舞いは挑戦になりえる。

国連によれば、200万人のシリア人で、半分は中東各国に広げられた難民は子どもである。

巨大な数は、シリア人の青年がこの矛盾によってどのように傷つけられるだろうかに対する懸念を投げかけている。

しかし、教育へのリターンは希望を与えることができる。

外部、BBCのレポーターは、イルビドの学長室で、1年前にキャンプ生活をしていた18歳のマホメットに会った、Zaatariへの最初の訪問から彼を知っていた。

彼の顔は、ひどくDaraaの爆発で火傷した。
また、彼は内科療法のためにヨルダンへ来た。

シリアの学業成績を破壊したまま、彼は、クラスの登録手続きをするのに苦労している。
しかし、彼は必死に失敗した2年に追いつきたい。

「私は中等学校証明書を得たい。」と彼が言った。

「今後、この危機が終わった時、大学に行くか、よい仕事を得たければ、私はそれを必要とするでしょう。」と話している。

ノーベル平和賞を受賞したオバマ大統領は、平和のためと言って攻撃を考える前に、子供を救うべきである。

シリア攻撃で儲けるのは、米国の軍需企業である。

平和なオリンピックを開催したいなら、日本政府も、軍事援助を考えないで、子供の教育支援を考えるべきである。

このような支援は、子供に良い記憶を残す。

私は、シリアのベトウィンに助けられ、ヨルダンで赤軍派と間違えられ、ヨルダンのイミグレーションで女性士官にプロポーズした。

この地域は、人類がアフリカで誕生し、世界に広がっていくときに通過した文化地域であり、もの凄い遺跡が多く残され、ユダヤ教、キリスト教、回教発祥の地域である。

シリアの難民。
レバノンに、716,000人。
ヨルダンに、515,000人。
トルコのに、460,000人。
イラクに、169,000人。
エジプトに、111,000人。
425万人が、シリア国内で移転した。
(出所UNHCR)

2013-09-10---シリア内戦で、フランスはタフな国連の決議を浮上させた。
2013-09-07---米国のシリア投票で、プロンプト抗議と祈願がぼんやりと現われた。
2013-09-07---2日間でイタリアが、難民700人以上を救出。
2013-09-06---オバマ大統領はシリア支援をG20リーダーに要求。
2013-09-03---国連難民機関は、200万人以上がシリアから逃げたと言った。
2013-09-01---米国には「シリアのサリン使用の証拠があります。」
2013-08-31---ロシアのウラジミール・プーチンは、シリア問題で米国に挑戦。
2013-08-28---ニューヨークタイムズWebサイト、ハッキングされ、閉鎖!
2013-08-27---シリアでの大規模な化学兵器攻撃の「明白な証拠!?」
2013-08-27---ロシアと中国は、シリア軍事介入に対して警告を増強。
2013-08-25---米国、イギリスおよびフランスは、2週以内にシリアを攻撃で合意。
2013-08-16---プロアサド・ハッカー、Washington Post、CNN、TimeのWebを攻撃!
2012-03-23---オバマの次期世界銀行プレジデント指名は驚きであった!
2009-11-24---オバマ政権は、地雷を承認?
2009-10-09---2009年のノーベル平和賞バラク・オバマ米国大統領に授与することを決定。

数万人のシリア難民が暮らすザータリ(Zaatari)難民キャンプの緯度、経度
32°17'36.41"N, 36°19'39.63"E

ダルア(Daraa)のGoogle Earthポインター情報
32°37'28.20"N,36° 6'18.80"E
または、
32.624500, 36.105222

イルビド(Irbid)のGoogle Earthポインター情報
32°32'43.60"N, 35°51'25.78"E
または、
32.545444, 35.857161