2014-02-15

米国のフォルクスワーゲンの労働者は労働組合に加わることに反対。

BBC Newsとワシントンポスト(Washington Post)は、米国の労働者は、不意の動きとして、南部のテネシー州のフォルクスワーゲン自動車プラント(Volkswagen car plant)で、組合代表に反対したと報告した。

その投票は、米国南部の外資系工場を組織するきなUAW(United Auto Workers/全米自動車労働組合)による努力を挫折させた。

エキスパートは、フォルクスワーゲンが、投票が労働組合に加入することを支持して通過することを期待し、暗黙に動きを支援した後に起こったと言った。

その投票は、共和党政治家からの抵抗に直面した。
この人はそれが経済成長を遅くするだろうと主張した。

それは3大米国自動車製造業者GM(General Motors/ゼネラル・モーターズ)、フォード(Ford)およびクライスラー(Chrysler)のうちの1人によって実行されないプラントを労働組合化するためにの13年ぶりの試みであった。

アナリストは、結果が将来の構成努力を著しく削減するかもしれないし、さらに、組合の評判を傷つけることができた、と言った。

会員はかろうじて400,000人の支持者にそれを託して、1970年代の終わり以来、75%急降下したと報告された。

約1,550人の労働者が水曜日にチャタヌーガのプラント(plant in Chattanooga)で投票し始め、89%の投票者数で712〜626までが組合計画を拒絶した。

UAWスポークスマンであるゲーリー・キャスティ(Gary Casteel)は、「ある圏外勢力」によって、投票に影響が及ぼされたと言った。

労働者自由センター(The Center for Worker Freedom)は、投票に反対するチャタヌーガで13のビルボードを購入した。
「この選挙に関して分類されなければならないいくつかの問題がまだあります。また、私たちは、それをする人々に道を下って他のものと何んらかのインパクトをさらに評価させるでしょう。」彼は、結果が金曜夜に発表されたと言った。

UAWが他の南のプラントでメンバーを補充するために、ロスがそれをより激しく作るだろうと思う人もいる。

「それらは、これを勝ち取ることができない場合、何を勝ち取ることができますか?」

投票に続き、元ゼネラル・モーターズ結合折衝者アート・シュワルツ(Art Schwartz, a former General Motors union negotiator)は尋ねた。

フォルクスワーゲンの後に始められた組織のための努力は、2010年にチャタヌーガのただ一つの米国設備をオープンした。

世界中のメーカーで、61の他のプラントはいわゆる「労働協議会(work councils)」を持っている。
それは、従業員の管理との毎日の取り引きでの利益を表わす。

ドイツで法律によって命じられた、そして他のヨーロッパ諸国においてポピュラー、労使協議会は米国工場で裁判にかけられていません。

投票に先立って、フォルクスワーゲンのチャタヌーガ最高経営責任者フランク・フィッシャー(VW's Chattanooga chief executive Frank Fischer)は声明で、
「チャタヌーガの私たちのプラントにはユニークにアメリカの労使協議会を作る機会があります。その中で会社は、それらの組合代表、彼らが結合によって表わされたいと従業員が決定する場合、私たちの従業員と、結局共同効果的に協力することができるでしょう。」と言った。

保守党のグループは、投票まで、激しい反労働組合のキャンペーンをリードした。

相手は、それがフォルクスワーゲンの税制上の優遇措置を危険にさらし、ビジネスを脅して追い払うことにより、地域経済を傷つけるだろう、と警告した。

低い賃金は、長い間米国南部で、日産とボーイングのような大企業を誘惑するセールス・ポイントであった。

労働者を安く使おうというのではなく、政府が支援すべきである。
低い賃金は、労働者への侮辱である。

労働者を侮辱する組合が見捨てられるのは、当然である。