AD SPACE

2014-02-11

ワシントンの国立動物園の巨大なタコ「パンドラ」が死んだ。

ワシントンポスト(Washington Post)は2014年02月12日に、アビー・ウッド/スミソニアン国立動物園(Abby Wood/Smithsonian’s National Zoo)は、ワシントンで好かれた頭足類、雌の巨大なタコ「パンドラ(Pandora)」が死んだと、動物園は2014年02月12日水曜日に発表したと報告した。

彼女が2014年02月11日に死んだとき、「パンドラ」は5歳で、彼女の種の通常寿命上の範囲であった。

[AD] You can advertise on this site.

ほとんどのタコは繁殖の後に死ぬが、タコの死の原因はまだ未知のままである。

「パンドラ」は2013年04月に微量の米粒サイズの無精卵を各々リリースした。

動物園学芸員は2014年02月10日に彼女はタコの老年の共通のサイン、制限のある運動およびより少ない筋肉の緊張状態を示し始め、パンドラについて心配し始めていた。

彼女が2011年11月に動物園に着いた直後、ワシントン中からの300人を超える子どもがワシントンポストKidsPostコンテスト中のパンドラのために名前を指名した。

「名前によって彼女を知っている私たちのスタッフ、ボランティアとビジターは彼女が非常に好きでした。」
「彼女は種のための猛烈な大使でした。カリスマ的で、彼女は好奇心が強く、タコの振る舞いに関して私たちに非常に多くを教えました。私たちは、彼女がそのような長く健全な生活をしていたことを嬉しく思います。」と動物園の意志薄弱な展覧品の生物学者タムゼン・デウィット(Tamsen DeWitt, a biologist at the zoo’s invertebrate exhibit)が言った。

パンドラのタコの類は、最大のタコ類としてその名前に世界で忠実です。

パンドラは、15.4ポンドの重量および7.8フィートの翼幅で、巨大なタコの最大サイズのおよそ半分のサイズであった。

アビー・ウッド/スミソニアン国立動物園(Abby Wood/Smithsonian’s National Zoo)のGoogle Earthポインター情報
38°55'46.62"N,77° 2'59.22"W
または、
38.929617, -77.049783

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.