2014年02月11日

アフガニスタンで、不法な狩猟が上昇中!

BBC Newsは、環境保護運動家は、いくつかの主要種を脅かして、不法な野生生物狩りはアフガニスタンで上昇中と言ッたと報告した。

職員は、アフガニスタンのハミド・カルザイ大統領(President Hamid Karzai)による禁止の法令を含んで,それが規則にもかかわらずほとんどの田舎で起こっていることを認めた。
地元住民、および中東諸国の外国籍者によって狩猟が行なわれていると主張した。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

しかしは、BBCニュースは、アフガニスタン政府関係者に確認することができなかった。

国はその領域内の危険内としてほぼ150種の野生動物および鳥をリストした。しかし、どのように、多数が殺され、密猟されたかなど、詳録はなかった。

当局は、進行中の矛盾がモニタリングをほとんど不可能にしたと言った。

しかし、環境保護論者は、アフガニスタンのそれらの選挙運動用の湾地域で、国々の有識者の援助を安全にする手段として、不法な野生生物狩りに使用したことで何人かの政治家を告訴した。

「熱くなっている選挙運動で、数人の[中東]の国に接近しているいくつかのグループおよび団体は、それらの立候補への一層の支援を確保するそれらの場所から、人々を連れて来ています。」とヘラート・プロフェッショナル会議との市民の活動家アブドゥール・ラーマン・サラヒ(Abdul Rahman Salahi, a civil activist with the Herat Professional Council)が言った。

「何人かの政治家によって採用された方法と国際軍がアフガニスタンを去ろうとしているという事実のために、人々は、不法な狩猟が今上がるだろうと心配します。」と言った。

ヘラートは、最近主張された不法な狩猟に対する街頭抗議を見た。

「私たちのデモは、野生動物を探すことにより、それらがアフガニスタンの法律に違反し、アフガニスタンの西へ来た多くの[外国籍者]に反対します。」と市民社会のアフガニスタンのネットワークのヘッドであるハリール・パルサ(Khalil Parsa, head of the Afghan Network of Civil Societies)が抗議の間にBBCのペルシア・ラジオに伝えた。

ハヤブサを持ってアフガニスタンに着く伝統的なアラビアの男性の服を着ている人々が、インターネットと地元マスコミにポストされたことを示す映像は、問題を広くカバーした。

職員は、彼らがメディア報道を見たと言っが、調査の間に明らかな証拠を見つけなかった。

彼らは、不法な狩猟に気をつけるために地方自治体に厳密な指示が出されたと付け加えた。

しかし、自然保護に取り組むいくつかの国際的な組織は、さらに外国籍者が深く関わり合っていると言った。

「戦争中にさえ、中東の人々は、従来の狩猟でそこに出かけていった。それらはハヤブサを使用して、それを行います。」とWWFのエジャズ・アハマッド(Ejaz Ahamad)がパキスタンで言った。

アフガニスタンの国立環境保護局の本部長補佐アブドゥール・ワリ・マダキク(Abdul Wali Modaqiq, deputy chief of Afghanistan's National Environmental Protection Agency)は、不法な狩猟が上昇中だったことを認めた。

そういえば、イランのパキスタン国境近くを旅しているとき、村でハヤブサを買わないかと聞かれたことがある。
ただし、肩に乗せたら突然、ヘッドキャップを外し、ハヤブサが私に耳を餌だと勘違いし、危うくかみ切られるところだったので、購入を断ったことがあった。

アブドゥール・ワリ・マダキクは、「もちろん、それは食物とレクリエーションのため、ほとんどの私たちの田舎で上がりました。」
「最近の数十年間で、私たちは、不法な狩猟のために野生動物および鳥のある種を確かに失いました。しかし、私は、メディアを通ってそれらに関して聞いたが、[外国籍者]がすべてのこれに関係するかどうかを確認することができません。」と彼がBBCに伝えた。

主張された不法な狩猟の別の出来事が昨年、ヘラートで報告された時、政府は調査を約束した。

しかし、保護論者は、何もそれに由来しなかったと言った。

「ハヤブサを使用して探すことはアラビア人の地方の伝統です。(Hunting using falcons is a tradition in Arab regions)」とマガジンAl-Bia Wal-Tanmiaの編集責任者ラギダ・ハダド(Raghida Haddad, executive editor of Al-Bia Wal-Tanmia magazine)が環境と開発アラビア・フォーラム(Arab Forum for Environment and Development)によって公表された言いました。

「しかし、各狩猟期の後、多数のハヤブサは荒野へ解放されます。その結果、それらの数は健全なままです。」
「地域からの人々によるアフガニスタンの申し立てられた狩猟により、私たちは、それに関する考えを持っていません。」
何人かのアフガニスタンの政府関係者は、アフガニスタンで不法な狩猟が、茶色とクロクマ(brown and black bear)、アジアのチータ(Asiatic cheetah)、ヤマネコ(lynx)、アイベックス(ibex)、シベリア・クレーン(Siberian crane)およびホーバラ野雁(Houbara bustard)のような動物を危険種内のリストに入れることに合意した。

近隣のパキスタンで連邦政府は、湾地域からの高位高官が(中央アジアからの渡り鳥ホーバラ野雁を狩猟することを認めた。

「これは湾岸諸国と両国関係を尊重するために行われます。」と脆弱なものとしてそれは鳥をリストしたIUCN(International Union for Conservation of Nature/国際自然保護連合)の職員が言った。

「原理脅威は、種の越冬するグラウンドの大部分は、しかし排他的でなく中東のタカ匠によって狩猟ことからです。」
最近の裁判所命令は、渡り鳥の狩猟の臨時の禁止をした。

パキスタンのメディアは、裁判所が次のヒアリング中に表現の準備をする湾岸諸国の33の狩猟許可証ホルダーのすべてに通知してくれるように政府に依頼したと報告した。

その間に、カブール動物園園長アジズ・バラ・サキブ(chief of Kabul Zoo, Aziz Gul Saqib)が、
「私たちは、不法な狩猟が我が国の多くの場所に進むことであるが、私たちがそのような活動をコントロールすることができないことを知っています。」
「現在、そのような慣習に対する意識の作成は私たちの主な法案でした。また、私たちは、それがうまくいくことを望みます。」と言っている。

ただし、この地域は、イギリスの狐狩りより古い歴史があり、石器時代から、鷹狩りをしてきた。

2006-09-22---アフガニスタンで雪ヒョウを撃った男がいる!
1988-10-00---BC1万8,000年を兵器デザインの革新が起こった。
1974-00-00---ヒンズー・クシ山で、石器時代技術を特定するおおきな手がかりを発見。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

gaYa広告