2014-02-11

ランドサット8の最初の1年間。

NASAは2014年02月11日に、2013年02月11日に、ランドサット8衛星(Landsat 8 satellite)は強力なアトラスV(Atlas V)に搭載されて日当たりがよいカリフォルニアから、朝に打ち上げられ、軌道のその生活を始めたと報告している。

着手以来、科学者は衛星が送り返している情報を理解するために働いている。

[AD] You can advertise on this site.

それのいくらかは、地上偵察と、ランドサットによる42年の長期のレコードの残りにそれを一致させることに対してデータをチェックして測定している。

同時に、より広い科学コミュニティーは、新しいデータを使用することを学んでいる。

ランドサットからのアメリカで最初の完全な視界の地図は、科学者がどのようにランドサット8データをテストしているかというランドサット8の例である。

サウスダコタ州立大学のUSGS-NASAランドサット科学チームおよび研究者の共同リーダーであるデービッド・ロイ(David Roy, a co-leader of the USGS-NASA Landsat science team and researcher at South Dakota State University)は、2013年08月に衛星の運用上のランド・イメージャーによって得られた観察で地図を作った。

上記のイメージ中の一片は、ランドサット8が作動する方法の結果である。

その前任者のように、ランドサット8は、一刈りまたはパスと呼ばれる幅185km(115マイル)の一片中のデータを集める。

軌道が繰り返されるごとに、同じパスが想像されるように、軌道はそれぞれ前もって定義した土地トラックに続く。

地球で土地をすべてカバーすることは233のパスおよび16日を必要とする。

これは、すべての地面が、デービッド・ロイに1か月でアメリカの各ピクセルが雲なしに見える2回あるいは3回の機会を与えて、16日ごとに一度想像される可能性を持っていることを意味する。

Image Credit: NASA/David Roy

2013-03-18---最新地球観測衛星から放された最初の画像を公開した。
2013-02-11---カリフォルニアから打ち上げられる最新の人工衛星。
2013-02-11---最新のランドサット宇宙船打ち上げ。
2013-02-10---LDCMの打ち上げ直前。
2013-02-07---ペイロード・フェアリングに搭載されるランドサット衛星。
2012-11-30---NASAの新しい衛星から見た写真集「アートとしての地球(Earth As Art)」
2012-07-23---衛星からの地球観測40周年!
1972-07-23---最初の地球観測衛星ランドサット衛星が打ち上げられた。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE