on-the-time.jp

2014-02-11

旧ソ連の都市調査者。

BBC Newsは、USSRから残された雄大な建物および産業基盤の調査は、何人かの若い人々のためのポピュラーな娯楽になっていると報告した。

しかし、それは同時に,臆病者には,非常に危険でもある。

都市の調査(urban exploration)として知られて、その趣味は高層ビル、タワーおよび橋、あるいは現にある地下深部に登ることを必要とする。

それは、工場用地はロシアの広大な領域に点在している。
それらのうちのいくらかは未使用で空になっている。

[AD] You can advertise on this site.

しかし、送水管の内部のこれらの写真を撮る前に、バディム・マクホロブ(Vadim Makhorov)は、国の東のこの機能する発電所の所有者から許可を求めた。

彼は、多くの都市の調査者が著しいイメージをとる熟練した写真家である。

「あなたが空の中で星を持っている場合、誰が言葉を必要としますか?」

スクワの建物を飾るソビエト時代赤星にはりつくキリル・ブセレンスキー(Kirill Vselensky)の写真を撮ったヴィタリー・ラスカロフ(Vitaly Raskalov)は尋ねる。

しかし、危険は明白である。

薦められるべきのは趣味ではない。

調査者の多くは、用心のためのヘルメットを着用していない。

少なくとも1つは死んだち報告されている。

コスモサ将軍の絵画展(General Kosmosa's picture shows)、ウクライナで最も高いキエフのドニエプル川上の135m(443フィート)のSouth Bridgeの上de休憩をとる都市の調査者。

この写真を撮ることは一つより多くの方法で危険であった。

キリル・ブセレンスキーの顔が出現している時計は、ベラルーシのミンスクの主なKGBのビル(KGB building in Minsk, Belarus)から通りを横切って位置する。

ロシアの法律の下では、私財を侵害することは懲罰可能である。、それによって、1つの、小さな素晴らしいが、放棄されガードのいない建物に入っていることにも、通常有効である。

Vanh1toという調査者に写真を下に撮ったサム・ナモス(Sam Namos)は、「私に最も訴えるものは失われた場所の環境である。」と巨大な衛星放送アンテナの上で言った。

「それらを捜す過程はまたはっと思わせるようです。あなたがそれに関して真剣ならば、発見することができる非常に多くのミステリー、自分の国に関して学習することができる非常に多くがあります。」
「1つの発電所を見ればあなたがそれらをすべて見たと言う人もいます。しかし、私は反対します」とバディム・マコロフ(Vadim Makhorov)が言った。

「私は多くの発電所で写真撮影を行いました。また、私はどうにかすべての時間に新しく面白いものを見つけます。」

「アーバン調査写真術は内部から私たちの都市を示します」と、昨年、キエフで展示を組織するのを支援したオレナ・ジチェンコ(Olena Zinchenko)が言った。

「それらがほとんどにない完全に異なる観点から都市を明らかにするので、見る特権として、これらの絵は生きています。」

彼らが産業衰退の話を話すので、その中で、旧ソ連(former Soviet Union)として、それらが重要であると彼女は言います。

「これは、東ウクライナの石膏鉱山(gypsum mine in eastern Ukraine(で、見つけた恐らく私のベストです。」
「地味なドアは、それ自身の交通、道路標識および高さ20Mの洞穴を備えた地下街に通じました」とヤロスラフ・セゲダ(Yaroslav Segeda)が言った。

それらはすべて,ロシアのドキュメンタリー・スチール・カメラマンの命がけの作品と言える。

そして、どこでも007の悪の帝国舞台になり得る。

そう言えば,ソ連では不思議なものを多く開発していた写真があった。
あれは、その後どうなったのだろう。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE