on-the-time.jp

2014年02月08日

脳波からクラシック音楽を直接作曲する方法。

BBC Newsは、リー・リッチ(LJ Rich)は、ほとんどの週、ある種の近道のために、原稿用紙の空のシートを凝視し、ページ上に音楽を「思う」ことで、クラシック音楽を可能にすること望んでいると報告した。

最近、鉛筆をピクセルと交換して、コンピューター上で作曲している。

しかし、脳からの音楽の考えを直接記録することができる日を常に望んでいた。

したがって、プリマス大学(Plymouth University)でラップトップを凝視して、音楽の夢を現実にすると約束するシステムを試みている。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

このプロジェクトは、魅力から彼が音楽ニューロ技術(music neurotechnology)と呼ぶもので生活を作った作曲家エドアード・ミランダ教授(Professor Eduardo Miranda)の頭脳の産物である。

彼のデバイスは、世界、従来の作曲プロセスから遠方に、脳キャップの援助によって、考えを読み、それらの考えを音楽に翻訳すると約束した。

教授は、4人からのリーダーを受け取り、次に、結果を備えた弦楽四重奏曲をコントロールするためにこのシステムを使用することを計画している。

これはメモリを活性化してと題する彼の最新の性質の根拠である。

部分はプリマスの2014年の半島芸術現代音楽フェスティバル(2014 Peninsula Arts Contemporary Music Festival in Plymouth)で今週末上演される。

彼は、リー・リッチに公演に先立ってマシンを試みさせることに合意した。

リー・リッチは驚かずに、インターネットを利用しているようになることを熱望した。

研究者で、エンジニアのヨエル・イートン(Joel Eaton)は、リー・リッチが金属アーク溶接棒およびワイヤーを完備している脳キャップを身につけるのを助けた。

ヨエルは、リー・リッチの頭の後ろの主電極がリー・リッチの視覚野から脳波を選び、その一方で他の電極が、本質的にどんなバックグラウンドノイズも相殺するのを支援しているかもしれないとリー・リッチに伝えた。

デバイスの操作は、4つの格子縞模様のパターンのうちの1つに専念することをユーザーに要求した。

これらはすべて異なる割合で点滅する。
また、パターンはそれぞれ脳の視覚的な部分に共鳴する電気信号を作成させる。

信号は脳キャップによって拾い上げられ、コンピューターへ送られる。

脳の残りが緩められる場合、デバイスは最良に作動する。
したがって、「あなたの心を取り除く」ことが促進される。

脳の電気信号はラップトップに送られて、そのとき増幅される。

ヨエルは、非常に特別の方法で、注目のようなビットおよび焦点がずれることでパターンを凝視するようにリー・リッチを激励した。

時々、私はスクリーンから視線をそらし、リフレッシュに脳を見なければならない。

それを正しくし行う。
そうすれば、選ばれたパターンは、専門のチェロ奏者ジェーン(Jane, a professional cellist)の前のスクリーンへ音楽の句を送る。

その後、彼女は、リー・リッチが生成した音楽を演奏する。

それは初めは非常に困難であった。

注目し、焦点がずれて緩むことと同様に、信号を生成するために要求される状態からリー・リッチを打つので、それが作動した時、リー・リッチはまた興奮することができなかった。

その全体の概念は非常に刺激的であると私が分かったので、それは重大な挑戦であった。

もちろん、リー・リッチは、このシステムがリー・リッチの脳から音楽の句を直接作成したらと思った。
しかし、これはそうではなかった。

直接構成する代わりに、リー・リッチの考えはあらかじめ準備したミュージカル句から選んだ。

リー・リッチの脳がジェーンのチェロのような道具になったところで、リー・リッチが構成者というよりむしろオペレーターであると言うことができた。

しかし、デバイスは、そのように設計された。

リー・リッチたちがより効率的な直接の脳作曲インタフェースに対するリー・リッチの望みについて話した時、教授ミランダはそれが初めは魅惑的かもしれないと言った。
しかし、彼は、それはしばらくして退屈になるだろうと思った。

彼は、不完全な解決の挑戦を楽しんでいる。

「人間は、事態を操作することが好きです。私はその[プロセス]を除去したくありません。私は、作曲家が異なる方法でそれほど恐らく達成するのを助ける素晴らしいツールを増強したい。」と彼が言った。

可動性を害した人々にとって、この初歩的段階にさえ、このインタフェースからのいくつかの明白な利点がある。

ICCMR(Interdisciplinary Centre for Computer Music Research/インターディシプリナリー・コンピュータ・ミュージック・リサーチ)研究所センターは有望な結果を備えた閉じ込め症候群の被害者と既にある研究を行った。

それでも、システムはどこにも、私が望んだのと同じくらいユーザー・フレンドリーではなかった。

研究所に戻り、技術をマスターするのは驚くほど難しかった。

プロセス中に、リー・リッチの脳読書は落ちた。
したがって、顕著に、チェロが演奏していた時、リー・リッチがジェーンの演奏を聞いている間、リー・リッチたちは再度システムを測定しなければならなかった。

固体の2時間の後に、信号を頼もしく生成して、リー・リッチは嬉しかった。

ヨエルおよびエドアードは両方とも、2時間が迅速であるとリー・リッチに伝えた。
それを理解するのに通常数日かかる。

現在の脳型コンピュータ音楽インタフェース(brain-computer-music interface)の挑戦および制限にもかかわらず、リー・リッチは、頭の内部の変に習慣性のために見ることを見つけて、技術がどのように発展するか確かめることを切望している。

非常に多くを集中した後に、疲れていましたが、リー・リッチはさらに多くの時間、そのスクリーンを幸福に凝視することができた。

しかし、音楽家は去らなければならなかった。
また、ランチは準備ができていた。
したがって、リー・リッチは脳のプラグを抜かなければならなかった。

まだまだ、改良する余地がありすぎる。

そう言えば,道路を走る車の騒音からの作曲。
木の汲み上げる水による作曲などもあった。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。