gaYa広告

2014年01月31日

モンテネグロ教会は、地獄のチトー、マルクス、エンゲルスを描いた。

BBC Newsは、モンテネグロの教会は、カール・マルクス(Karl Marx)とフリードリヒ・エンゲルス(Friedrich Engels)と地獄の火でユーゴスラビアの共産主義のリーダー、ジョシップ・ブロズ・チトー(Josip Broz Tito)をフレスコ画で描き表示により、論争の口火を切ったと報告した。

首都ポドゴリツァ(Podgorica)の蘇生で、新しく構築された教会は、既にその豊富な設計のための批判を招いた。

批評家は、教会が政治に干渉すべきではないと言った。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

モンテネグロが共産主義のユーゴスラビアの一部だった時、哲学者マルクスとエンゲル)による作品は必読書であった。

ドラガン(Dragan)としてのみ指名された1人の教会指導者はAFP通信社に、それを伝えました、マルクス、エンゲルスおよびチトーは、「擬人化する、共産主義のバルカン諸国において有害」です。また、芸術家は「彼が望むように、自由に事態を見ることを可能にした。」そうであるべきです。

しかし、彼は次のように付け加えました:
「彼は教会の名のもとに、判断することができません。この人は地獄または天に属します。」
フレスコ画家は匿名のままである。

教会へのビジターはフレスコが残るべきかどうかに関して分裂した。

「教会は俗界に干渉せず、誰が地獄または天の場所に相当するか決めるべきではありません。」と弁護士ラーデ・スタンコビッチ(Rade Stankovic)が言った。

しかし、ミロとしてのみ指名されたもう一人のビジターは、共産主義が「これほど多くの弊害」を引き起こしたと言った。

「多くの人々が、マルクス、エンゲルスおよびそれらの追随者によって促進されたイデオロギーの名で死にました」と彼が言った。

教会は、その壁の20世紀史からの図を描くモンテネグロでただ一つの宗教建築ではない。

Ostrogの中の僧院はユダと一緒にヒトラー、レーニンおよびチトーを示している。
この人達はイエスを裏切った。

首都ポドゴリツァ(Podgorica)のGoogle Earthポインター情報
42°26'33.87"N,19°16'7.94"E

2013-07-15---タイの大学で、スーパー・ヒーローとしてアドルフ・ヒトラーを提示!
2013-02-27---教会ドームの壁画は、落書きアーティストによって描かれた。
2007-10-11---北シリアの地下で1万1000年前に描かれた壁画を発見し、発掘に成功した。
2001-09-18---スペインのアルタミラ洞窟の壁画はBC1万2,500年頃に描かれた。
2000-04-07---リッチモンドで古代に人が住んでいた根拠が発見された。
1999-02-28---アボリジニがBC3万5,000〜BC2万3,000年に描いた岩窟壁画。
1981-09-10---反戦壁画「ゲルニカ(Guernica)」を米国からゲルニカの町が受け取った。
1972-03-21---高松塚古墳で壁画が発見された。
1968-05-21---法隆寺金堂の壁画模写が完成し、一般公開された。
1964-09-23---パリのオペラ座がシャガールの天井を贈り物として公開した。
1951-12-27---法隆寺の壁画模写が完成し、落慶法要が行われた。
1949-01-26---法隆寺の金堂壁画12面が焼けた。
1512-11-01---ミケランジェロがシスティナ礼拝堂の天井画を公開した。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト