gaYa広告

2014年01月31日

カナダは「空港で旅行者をひそかに見張っていた。」と言った。

BBC Newsは、CBC(Canadian Broadcasting Corporation/カナダ放送協会)は、カナダの電子スパイ・エージェンシーが、主な空港でそこを通る旅行者のデータを集めていたと報告した。

CSEC(Communications Security Establishment Canada/通信秘密保全体制カナダ)は、2週間の空港の無料Wi-Fiシステムによって、信用している乗客の無線装置から捕らえられた情報を収集した、とその報告書が述べている。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

意外な新事実として、元NSA契約者エドワード・スノーデン(Edward Snowden)によって漏らされたドキュメントから来た、とCBCは言った。

CSECはカナダで、法によって適切な保証のないカナダ人または、その他誰でも対象とすることを禁じられている。

その主要任務は、海外の電話およびインターネット・トラフィックを遮ることにより外国の知能を集める予定であった。

CSECは、CBCへのステートメントで、「それはカナダとカナダ人を保護する外国の信号を集めるために命じられます。」と繰り返した。

「また、国のためのその重要な外国のインテリジェンスの役割を完了するために、CSECは、メタデータを集めて分析することを法律上認められています。」

メタデータは、実際に言われていたか書かれたことの詳細ではなく、呼び出しか電子メールの日付および位置のようなコミュニケーションに関する情報である。

漏らされたドキュメントは、2012年の乗客トラッキング・オペレーションが米国のNSA(National Security Agency/国家安全保障局)と共同で開発される強力な新しいソフトウェア・プログラムの試運転だったことを示す、とCBCが報告した。

CBCニュースは発言として出所を引用し、それは今、完全に使用可能になっている。

エキスパートは、それらが他の空港、ホテルあるいはレストランのようなカナダのまわりの他のWi-Fi「ホット・スポット」の中で現われたように、作用が一週あるいはそれ以上の間、旅行者のデバイスから捕らえられた情報によってそれらを追跡することができただろうとキャスターに伝えた。

エキスパートは、データ容量がすごかったので、その時期にそれらが空港に着いた前に、CSECがさらに旅行者の動作を追跡するかもしれないと言った。

ドキュメントは、どの空港が目標とされたかか、あるいは、CSECがどのようにデータにアクセスすることができたことを説明するか明示しなかった。

2つの空港バンクーバー(Vancouver)とトロント(Toronto)および他のカナダの空港でのWi-Fiサービスの独立したサプライヤーのBoingoが、Wi-Fi情報の供給へのどんな関与も否定した。

いつかは、誰かがこれらの報復として、NSAのエージェントの詳細情報を公開することだろう。
そこには、信じられない人、すでに疑われている人の実名などの情報も内包されていることだろう。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。