2014-01-30

シリアの政府は意図的に「何千もの家を倒壊した。」

BBC Newsは、シリアの政府は、「故意に」非合法に何千もの家を倒壊している、とHRW(Human Rights Watch/ヒューマン・ライツ・ウォッチ)による新しい報告書が述べていると報告した。

公開された衛星画像は、2012年と2013年にダマスカス(Damascus)とハマ(Hama)の反対拠点で爆発物とブルドーザーを備えた大規模倒壊を示すように見える。

その報告書は、民間の財産の明白な理由がない破壊および集合的な罰が戦争犯罪であると述べている。

政府と反対派の代表がジュネーブで和平会談に出席するとともに、それは公開された。

水曜日に、国連使節ラクダル・ブラヒミ(UN envoy Lakhdar Brahimi)は、彼が金曜日に終了する予定である交渉で、現在のラウンドで任意の具体的進展があることは期待しなかったことを認めた。

倒壊しつくされたHRWの報告書は、2012年7月と2013年7月の間に起こったとそれが言う、大規模倒壊の7つのケースを文書化した。

衛星画像、オンライン・ビデオおよび目撃者報告書は、それらが政府軍によって実行されたことを示唆する、とそれが結論を下した.。

衛星画像は、倒壊の前に、およびその倒壊の後にダマスカスとハマの7つの地区を示している。

写真の多くでは、建物のうちの多数が平に破壊が実行された。

HRWのドキュメントは、それが少なくとも145ヘクタールの宅地で、約200のサッカー競技場と等価な合計のエリア-の破壊をしたと言った。

何千もの家族がこれらの倒壊の結果家を失った、とそれが付け加えた。

彼は、
「全近隣を全滅させることは戦争の正当な戦術ではない。」とHRW緊急研究者オーレ・ソルヴァング(Ole Solvang, an HRW emergencies researcher)が
「これらの不法な倒壊は、シリアの政府によって犯された犯罪の長いリストへの最新の追加である。」言った。
さらに、
「これは反乱を支援した疑いをかけられたコミュニティーの集合的な罰だった。」と追加した。

どのような政府でも、個人財産は破棄してはいけない。

HRWは、彼らが国際法に違反していたと言って、シリアの政府が直ちに倒壊を終了し、犠牲者に補償と選択肢の住宅を供給することを要求した。

さらに、それは、シリアの状況を国際刑事裁判所(International Criminal Court)に委託するように国連安全保障理事会(UN Security Council)に要求した。

政府高官は、倒壊が不法に建設された建物を撤去するために行なわれるとHRWに伝えた。

しかし、ニューヨークのグループは、同様の倒壊が政府支持地区になかったことを知った。

倒壊も、軍関係者、および政府と反体制派勢力の間のエリアのしばしば続いた戦いによって監督された、とそれが言った。

数人の居住者は、さらに彼らが家のための必要なドキュメンテーションをすべて持っているとHRWに伝えた。

彼らは、政府軍が切迫した倒壊の警告をほとんどあるいはまったく与えず、それらが、付属物を削除することを許されなかった、と付け加えた。

「誰も、それが血の矛盾の真中の都市計画を試みているという政府のクレームによって攻略されるべきでない」とソルヴァングは言った。