2014-01-29

アップルのiPodは、終演が近いのか?

BBC Newsは、もうほとんど忘れられそうなiPodには、アイコンとしての真に要求することができる数片の技術はほとんどないと報告した。

しかしアップルのiPod、最初に2001年に始められ、恐らくそれらの条件をすべて満たした。

ソニーのウォークマン以来10年以上前に見られない「涼しい」要因で、その特殊なクリックホイール設計および、遍在の白いヘッドホーンで、iPodは美貌を携帯型オーディオ技術にもたらした。

そしてレコード業界の軽減の嘆息のために、iPodの伴うミュージックストアiTunesは、少なくとも何人かの音楽ファンを著作権侵害の無制限の自由競争から遠ざけて誘惑し、主流を打つためにダウンロードする法的なデジタル音楽への道を開いた。

しかし、それから12年、そして26の装置、その後、生成を定義するiPod、及び、それが非常に多くない歴史への衰えるところのように見える。

「私は、私たちはすべてiPodが傾くビジネスであることを暫くの間知っていると思う。」と、アップルのボス、ティム・クック(Apple boss Tim Cook)は会社の最新の収益報告について議論する電話会議中に話して、今週の初めに言った。

彼はヘビーな利益として、常にそれを発表したが、iPod販売が次のものを浸したと述べた、
昨年この時かた52%落ちて、さらに落ちることが期待されたと言った。

それは会社にとって悪い、あるいは驚くべきニュースではない。

以前はiPodを買っていたであろう人々は、今、iPhoneまたはiPadを買う可能性が高い。

しかし、それは謙虚なiPodにとって悪いニュースで、iPhoneとiPadのそのブーム時代へアップルを推進した、小さなしかし強力な装置の触媒だったと多数が言っている。