2014年01月28日

腺ペストは再び襲うことができるか?

美容と医学の科学超過去

BBC Newsは、科学者は、世界のほとんどの壊滅的な疫病のうちの2つを引き起こすバクテリアの種類に関する手掛かりをオープンにした。
しかし、以前行ったように、それはいつか多量規模で人を殺すことがでるか?

チームは、バクテリア・ペスト菌の別個の菌株によって両方が引き起こされたと分かるためにユスティニアヌス疫病および黒死病のゲノム(genomes of the Justinian Plague and the Black Death)を比較した。

そして一方、ユスティニアヌス疫病は絶滅した、発展した、黒死病を引き起こす病原体、また現在まだ殺して変化させられたと報告した。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

雑誌ランセット感染症(journal The Lancet Infectious Diseases)の中で書いた調査チームは、その病原体がどのように発展したか知っていると言い、その中で、過去に、それらが疫病の起こり、重大でしうる将来菌種を理解するのを支援する。

The Lancet Infectious Diseases, Early Online Publication, 28 January 2014
doi:10.1016/S1473-3099(13)70323-2Cite or Link Using DOI
Copyright © 2014 Elsevier Ltd All rights reserved.
Yersinia pestis and the Plague of Justinian 541—543 AD: a genomic analysis

David M Wagner PhD a †,
Jennifer Klunk BS b c †,
Michaela Harbeck PhD f,
Alison Devault MA b,
Nicholas Waglechner MSc d,
Jason W Sahl PhD a g,
Jacob Enk MSc b c,
Dawn N Birdsell PhD a,
Melanie Kuch MSc b,
Candice Lumibao MSc b h,
Debi Poinar MA b,
Talima Pearson PhD a,
Mathieu Fourment PhD i,
Prof Brian Golding PhD c,
Julia M Riehm PhD j,
Prof David J D Earn PhD d e,
Sharon DeWitte PhD k l,
Jean-Marie Rouillard PhD m n,
Prof Gisela Grupe PhD f o,
Ingrid Wiechmann PhD p,
Prof James B Bliska PhD q,
Prof Paul S Keim PhD a g,
Holger C Scholz PhD j,
Prof Edward C Holmes PhD i,
Dr Hendrik Poinar PhD b c d

a Center for Microbial Genetics and Genomics and Department of Biological Sciences, Northern Arizona University, Flagstaff, AZ, USA
b McMaster Ancient DNA Centre, Department of Anthropology, McMaster University, Hamilton, ON, Canada
c Department of Biology, McMaster University, Hamilton, ON, Canada
d Michael G DeGroote Institute for Infectious Disease Research, McMaster University, Hamilton, ON, Canada
e Department of Mathematics and Statistics, McMaster University, Hamilton, ON, Canada
f State Collection for Anthropology and Palaeoanatomy, Munich, Germany
g Translational Genomics Research Institute, Flagstaff, AZ, USA
h Department of Biology, University of Notre Dame, Notre Dame, IN, USA
i Marie Bashir Institute for Infectious Diseases and Biosecurity, University of Sydney, Sydney, NSW, Australia
j Bundeswehr Institute of Microbiology, Munich, Germany
k Department of Anthropology, University of South Carolina, Columbia, SC, USA
l Department of Biological Sciences, University of South Carolina, Columbia, SC, USA
m Department of Chemical Engineering, University of Michigan, Ann Arbor, MI, USA
n Mycroarray, Ann Arbor, MI, USA
o Department Biology I, Biodiversity Research/Anthropology, Ludwig-Maximilian University of Munich, Martinsried, Germany
p Department of Veterinary Sciences, Institute of Palaeoanatomy, Domestication Research and the History of Veterinary Medicine, Ludwig-Maximilian University of Munich, Martinsried, Germany
q Department of Molecular Genetics and Microbiology and Center for Infectious Diseases, Stony Brook University, Stony Brook, NY, USA

14世紀に、黒死病は、ヨーロッパの人口の半分以上を殺した。
また、ユスティニアヌスが皇帝だった時、800年の初期の疫病は、ビザンチン帝国中の同様の荒廃を引き起こした。

チームは、そのいとこの黒死病(cousin, the Black Death)が非常に成功し、世界的に広がっており、19世紀にアジアで再出現していた間、なぜ疫病の初期の負荷がすたれたかと考えた。

それを研究するために、科学者は、その犠牲者のうちの2つの歯からの疫病DNAの破片を見ることにより、ユスティニアヌス疫病ゲノムを配列した。

その後、それらは疫病「家系図」を構築するために、この古代の負荷を現在の疫病の既知の旋律と比較した。

チームは、ユスティニアヌス疫病が「進化の行き止まり」だったと結論を下したが、なぜかを全く確信できなかった。

第一著者デービッド・ヴァーグナー(David Wagner)は、私たちが歴史からのものほど致命的な疫病を常に見ないだろうと言った。

「疫病菌種は、常にげっ歯動物貯蔵所から出現しています。その結果、人間の中の疾病を引き起こします。しかし、現在、公衆衛生レスポンスが迅速で、それをシャットダウンするために非常に集中されるので、私たちが見ないものは広範囲の大流行の病気です。」

彼は、今日の旋律が過去からの旋律と同じくらいまったく致命的であるが、「人間が変わった。」、と付け加えた。

「私たちはネズミの個体数を縮小しており、今それらが大規模に広がり始める前に、人間の発生を扱うために使用することができる抗生物質を持っています。」

しかし、さらに調査チームの一部だったカナダのマクマスター大学のヘンドリック・ポイナー(Hendrik Poinar of McMaster University, Canada)は、私たちがまだ警戒するべきであると言った。

「主な含意は、これが出現し続けることができ、不快な流行病を引き起こし続けることができる疾病であるということです。したがって、人は、絶えずそれらが来た場所への部品外注するスポットを捜し続けているべきです。」
彼は、Yペスト(Y.Pestis)の発展が、明白にげっ歯動物がそれに免疫を持つようになるとともに新しい変化を生成することにより時間にわたって「急激に景気づき失敗した。」と言った。

ヘンドリック・ポイナー博士は、近代医療とよりよい衛生にもかかわらず、頻繁な世界旅行は将来の旋律を広げるのを速く支援することができるとBBCに伝えた。

この研究と関連しなかったユニバーシティ・カレッジ・ロンドンのヘレン・ドノヒュー(Helen Donoghue from University College London)は、疫病が多量規模だが、それがいつか再出現するかもしれない場合、それが非常にありそうもなかったことを知ることができないと言った。

「人間はこの有機体のためのノミのような偶発宿主だけです。それらが食べるのはげっ歯動物と動物です。

「ノミが飢えているか、ネズミあるいは他のげっ歯動物(大雨あるいは収穫がいつ失敗するかのために)からそれらがいつそのノミを追い出すかが、任意の選択肢ホストに進むであろう場合に限り、それは起こります。人間はまったく不運でした。」

また、彼女は、そのとき、そこでノミが他のホストを捜すべきどんな淘汰圧でなく、非常に多くのげっ歯動物が世界にいると付け加えた。

ヘンドリック・ポイナー博士は、なぜ黒死病がユスティニアヌス疫病より非常にはるかに成功したかに関して、疑問がまだ残ったと言い、それが何か、科学者はまだ見ている。

また、それは過去からのこれらの病原体の古代のDNAを徹底的に調べることで正確になり、科学者は、そらがどのように発展したか、またそらがなぜそれほど致命的だったか、理解し始めることができると言っている。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。