on-the-time.jp

2014年01月25日

ヨーロッパの銀行「より良い状態。」「しかし、危険は残る。」

銀行

BBC Newsは、ダボス2014(Davos 2014)で、財務相と銀行業務リーダーは、ヨーロッパの金融部門が「改善しているが、危険が残る。」と言ったと報告した。

英国の金融サービス・オーソリティの前ヘッドのアデア・ターナー卿(Lord Adair Turner, former head of the UK's Financial Services Authority)は、ビジネスと抵当セクターのローンが「非常に低い」レベルにまだあると言った。

「貸すことは不思議に解放されるだろう。」ということを仮定することは誤りである、と彼がダボスで世界経済フォーラム(World Economic Forum in Davos)で話し、警告した。

つまり、安定し始めたが、危険と言うことかもしれない。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

ターナー卿は、さらにそれがヨーロッパの銀行の管理が強化を必要とするかもしれないことを裁決すると言った。

彼のコメントは、ドイツの最大の貸し主ドイツ銀行の共同最高経営責任者で、フェロー・パネリストであったアンシュ・ジェイン(part by fellow panellist Anshu Jain, co-chief executive at Germany's largest lender Deutsche Bank)によって反復された。

アンシュ・ジェインは、ヨーロッパの銀行が「よりよい状態であるが、それらは「そうであるべき場所ではなかった。」と言った。

「銀行間貸出は、標準またはそれがなければならないところに戻っていせん。」 「銀行は、資本を生み出す立場にあない。」と、彼は言った。

彼は、米国が、「1ステップ、再び前に踏み出します。」ことが、あるように見えると付け加えた

ターナー卿は、米国モデルが可能なテンプレートと見なされるべきであると付け加えて、ヨーロッパの金融部門に関する中期見解が非常に重要であると主張した。

「ユーロ圏が働くためには、それは連邦化の方へより深いレベルに行かなければなりません。」
「私たちは一つの銀行業務市場がアメリカでどのように働くかについて考えなければなりません。」とターナー卿が言った。

しかし、これを受けて、ドイツの財務相ヴォルフガンク・シューベル(Wolfgang Schäuble)は、
「私たちは米国ではありません。私たちはEU(European Union/欧州連合)です。私たちは財政節度と銀行改革によって金融問題を解決しなければなりません。」と言った。

セクターの会社の経営状態を評価するように設計されたストレス・テスト(stress tests)を積み上げる問題において、経済および財務のためのヨーロッパの委員オリ・レーン(Olli Rehn)が、「それらは十分に頑丈ではありませんでした。」という知覚がまだあると言った
ユーログループの財務相のヨーレン・ディジェッセルブローメ(Jeroen Dijsselbloem)プレジデントは、今年のテストがいくつかの弱点を明らかにするかもしれないことをさらに望むと付け加えまた。

「私は、それが私たちに事態が適切に行われているという確信を与えるので、それがある不快を明らかにするだろうということをやや望みます。」と彼が言った。

昨年の終わりに、EUのリーダーは、ユーロ圏銀行を失望させる閉鎖を管理するための規則の共通のセットに援助を与えた。

550億-ユーロ(US$750億)資金は10年にわたって銀行業によって融資されて立ち上げられる。

取り引きは、納税者が資金を提供する救済措置の必要を最小限にするべきEU銀行業務結合の構築を目指した。

ヴォルフガンク・シューベルは、資金に「より大きくなって欲しかった。」と言った。

オリ・レーンは、計画が変更されるかもしれないと言った。

「それは確かにまだ改善されるかもしれません。
また、それは何かということです。欧州議会との議論で、次の2か月で、私たちはそれを見る必要があるでしょう。」と彼は言った。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト