gaYa広告

2014年01月31日

今年の北京は、春節の爆竹禁止で、悪霊と不運がやってくる!

新華社は2014年01月23日に、北京消費者協会(Beijing Consumer Association)は2014年01月23日木曜日に、スモッグ関係から、来たる中国の旧正月を包むとともに、花火を花や電子代用品に取り替えるように北京の市民に要求したと報告した。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

協会によって発表された声明は、花火(fireworks)と爆竹(firecrackers)を備えた祝賀を差し控えるか、あるいは都市の既に厳しい大気汚染を「事態を悪化させない」ようにするために環境にやさしい製品を使用するように消費者に助言した。

中国の人々は、伝統的旧正月中に、雑音が悪霊と不運をかわすことを望んで爆竹と花火を楽しむ、2014年01月31日の今年は雑音が悪霊と不運をかわすことができないかもしれない。

しかし、近年中国を攻撃するスモッグの規則的な一回で、花火の大気汚染への貢献は公と権威から注意を引いた。

昨年の旧正月中の花火酒宴は、PM 2.5の急上昇に結びついた。
それは旧正月前夜の1つの立方m当たり500マイクログラムまで、危険な微粒子を測定した。

北京の当局は、重大な大気汚染が春節に対して予測されれば、花火と爆竹の祝賀が禁止されるだろうと言った。

悪霊と不運がやってくるその日に、韓国と中国は,伊藤博文暗殺者を祝福。

2014-01-31---韓国と中国は,伊藤博文暗殺者を祝福。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト