on-the-time.jp

2014年01月21日

イギリス軍の紛失軍需品に、大量のバイアグラ。

AFPは2014年01月22日に、イギリス国防省(Ministry of Defence)は2014年01月21日に過去7年の間に紛失した£720万(約12億4000万円)相当を超えるイギリス軍の軍需品の中に、大量の男性機能不全(ED)治療薬バイアグラ(Viagra)が含まれていたと発表したと報告した。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

無くなっていることが判明したバイアグラは、£5800(約100万円)相当で、イギリス軍内でバイアグラは、高山病の治療に使われていると報告している。

この他、カラシニコフ自動小銃(AK-47)のレプリカ1丁(後に回収)、銃剣100本、銃の部品や実弾・空包計数千発といった軍需品がなくなっているとイギリスの新聞「タイムズ(The Times)」は報じていると報告している。

さらに「タイムズ」によると、航空機胴体1機分、トラック1台、カラオケ機器1台、さらに原子力潜水艦アンブッシュ(HMS Ambush)から血液の酸素飽和度を測定するパルス酸素濃度計1個がなくなっていたという。

イギリス国防省報道官は「わが軍の要員および資産の安全は常に最重要事項であり、国防省では全力で窃盗の発見・阻止に努めている。」と述べた。
「安全のあらゆる側面における警戒の必要性について意識を喚起する堅牢なプロセスは整備されているが、一般社会で窃盗が起きるように、国防省もまたそれを免れないため、われわれは個々人にいかなる紛失や盗難の疑いも報告するよう強く奨励している。」

イギリス国防省は昨年、不正・紛失対策部を設けた。これまでに約£60万(約1億300万円)相当の物品が発見され回収されていると言っている。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。