on-the-time.jp

2014年01月21日

ケニアを代表する作家は、「私は同性愛です。」と打ち明けた。

ケニアを含め、アフリカの多くの国で,同性愛が禁止され,重罪が言い渡されることになっているが、ケニアを代表する最多の注目のアフリカ人作家の一人ビンヤバンガ・ワイアイナ(Binyavanga Wainaina)は、彼が同性愛者であると発表したと,BBC Newsは報告した。

彼は、「I am a homosexual, mum, coinciding with his 43rd birthday on 18 January.」というタイトルの記事を公開した。

同性愛の行為はケニアおよび他の多くのアフリカの国々」で不法である。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

彼のステートメントは、いくつかのアフリカの国々の同性愛者の権利に関する猛烈な討論の中で出される。

ナイジェリアは、同性愛のグループに対する制限を厳しくする立法を最近可決した。
その一方でウガンダの大統領は同様の紙幣の成立を阻止している。

ビンヤバンガ・ワイアイナは「我々をすべて恥じさせる」と言って、強くナイジェリアの反ゲイ法を非難した。

彼の決定は、ソーシャルメディア上で、ケニア人の中に複合反応を引き寄せた。

何人かの人々は彼が反動に直面するかもしれないと他のものが警告している一方、勇敢なことについて彼を賞賛した、とBBCのキャロライン・カロビア(Caroline Karobia)が首都ナイロビ(Nairobi)から報告した。

ビンヤバンガ・ワイアイナは、「誰もない、誰もない、常に一生のうち、これを聞いた。」と、記事で書いて、アフリカで最初に、Country and the Chimurenga ChronicのWebサイトで公表した。

「決してでなく、おかあさん。 私は、あなたを信用しませんでした、おかあさん。 そして。 私は一生懸命に空気を引いて、そして、私の臍への下ってそれを丸めて、そして、それをゆっくり外で、そして、彼女の耳に、肩越しに明瞭に、きれいに、そして、私の口を切らしている衝突なしで、会社にいます。 『私は、同性愛者です、おかあさん』」と彼は書いた。

ビンヤバンガ・ワイアイナは、記事になる日、彼の2011年の回想録からの「失われた章」と称された、私はこの場所について書きました。

「もちろん、私の友達は知っていました。しかし、私は、8カ月、近くの間声明書を作ることがどれくらい有用だろうかをいじっていました。」と彼が月曜日にGlobalPostニュースWebサイトで伝えた。

彼は短編の「Discovering Home」で,アフリカ人の作家のための2002年ケイン賞(2002 Caine Prize for African Writing)を受賞した。

同性愛の法律の有罪判決がケニアで下される場合、ゲイおよび同性愛の人々は、10年以内の刑期を危くする。

ケニアおよび他のアフリカの国々のほとんどの宗教団体は、それがアフリカではないと言って、同性愛に強く反対している。

人権擁護団体は反同性愛の法律がひっくり返されるようにその間にキャンペーンしている。

さあ、ケニアのウフル・ケニアッタ大統領(Kenya's President Uhuru Kenyatta)は、どうする。

勇気ある判断が下せるか?

もっとも面白い返事は,実は私も同性愛が好きだ!と言うことだが〜

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。