2014年01月14日

僧のための断食ガイド。

美容と医学の科学

BBC Newsは、絶食は、減量ツールとして非常に流行している。
さらに、それは何千もの年間宗教の主成分である。
そうすると、聖職者は同時代の断食者のためにどの先端を持っているか。
絶食は一時の流行ではない。
それはほぼすべての主な信頼の中で、一千年の間続いていると報告した。

現在それは、体重を減らすことでではなく、精神的な啓発にますます向けられる。
その証拠の成長している集まりは、それが食べ物を規定することを示唆するように5:2で、2日間、その週にカロリーを制限することは減量をする健康な方法かもしれない。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

しかし、それは楽勝ではない。
誘惑はどこでもある。

そうすると、食物なしで規則的に行く僧および聖職者は、世俗的な断食者のためにどのような助言を持っているか。

ウェストサセックスのヴォルト・アビー(Worth Abbey, West Sussex)のカトリックの僧の神父アレグサンダー・デ・コスタ・フェルナンデス(Father Alexander da Costa Fernandes, a Catholic monk)は、単なる水と奇妙な杯のコーヒーを飲んで、通常水曜日と金曜日に20年間断食している。

それは最初、厳しかった。
また、彼は頭痛を得ただろう。

厳しく断食するのに彼は、9か月かかった。

策略が徐々に絶食についての考えに慣れることであると彼は言っている。

身体は「それが予期するものを渇望する。」

彼はあなた自身を中へ緩和するために朝食あるいはあなたの午前半ばビスケットをやめることによりスタートすることに助言する。

その後、それをマスターした場合、ほかに何かを放棄してください。

パンと水のみの食事は知覚可能なアプローチである、と彼が言った。

多くの液体を飲むことは重大であると神父アレグサンダーは付け加える。

それは、満腹であるという錯覚を生み出すのを支援する。

断食は異なる人々にとって異なるものを意味する。

贖いの日(Yom Kippu)とおよびティシュアー・ベ=アーブ(Tisha B'Av)で約24時間ユダヤ人によって実行された絶対的な断食は、食べて飲むことを禁止する。

ラマダン(Ramadan)中に、イスラム暦の9月目、イスラム教徒は日光時間に食物または水を避ける。

絶食はヒンダスおよび何人かの仏教徒僧にとって重要である。
また、尼は昼食を放棄する。

俗界で5:2食事は、1週当たり連続しない2日に人のために断食として、毎日のカロリー摂取量を女性は500のとしと,男性は600と定義する。

そのような食事は皆向けではない。
また、アプローチにはその非難がある。

NHSは、断続的な断食をする食事上で、より多くの研究を行う必要があり、乗り出す前にそれらのGPを調べるように人々に助言する、と言った。

絶食は、ちょうど物理的に要求が厳しくない。

さらに、週間のある日単に茶と水を飲んで、最近の十年間間貸されていまたのマンチェスターの英国国教会主教デービッド・ウォーカー正尊師は、それが心理的に厳しいと言った。

「開始する前の夜、『私は、どのようにしてその日を切り抜けるつもりですか。』考えた。」ビショップのウォーカーは言った。

しかし、それは期待するほど悪くないと彼は付け加えた。

重要なことはあなたが正常な食事時間で忙しいことを確かめることである、と彼が言った。

身体は、ルーチンによって食物を望むように条件付けられている。

飢えからあなたの注意をとるために、ビビショップのウォーカーは朝食、ランチあるいは夕食に通常座った場合に、(テレビ、数独パズルに関する好きなプログラムで夢中にされるものをすることを示唆した。

神父アレグサンダーによれば、食物なしで対処することに関しては、どんな適当で健康な人も短い断食を管理することができるに違いない。

彼の最長の伸張は5日であった。

「食物のまわりの多くの誇大広告がある。」と彼は言った。

人々はエネルギーとビタミンの必要に関するメッセージによって砲撃される、と彼が言った。

「私の5日間の断食が私に教えたことは、脂肪とあなたが単に数日後に、それを使い果たし始めるのと、私たちが私たち自身の体に入れて同じ量のエネルギーを運ぶということです。」

特に近辺で焼きたてのパンまたはベーコン・サンドがある場合、空腹痛は熟練者にとってさえ避けられないと言っている。

私は数カ月間、1カ月に1週間の断食をしていたことがある。

1週間の断食は、タールのような真っ黒な宿便で終わる。

問題は、宿便で終わった場合、何を食べ始めるかが大きな問題である。
間違えても,肉などを食べてはいけない。
腸壁を洗い流すため、軟らかく煮たポトフなどでを少しずつ取り始め、少しずつ,重い食事にして、腸壁を慣れさせる必要がある。

ラマダンやイスラエルの約24時間断食の後の食事は,考えられなかった。

2012-08-17---太陽が沈まないラマダンの断食は、どうすればいいか!
2008-09-14---イスラム教徒のための新しいオランダの公共放送局
2008-07-29---ラマダンに実施される「コーランの夜」タレント・ショー

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

この記事に関連する日付

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。