2014-01-15

ケニアの調整規制者は、Safaricomとの論争の報告を退けた。

Cellular-Newsは、ケニアのテレコム調整規制者は、国内で最大のモバイル・ネットワークの運転免許の一新上のSafaricomを備えた緊張にあるという多数の報告を与えることを拒絶した。

CCK(Communications Commission of Kenya)がモバイルのネットワークのサービスの質に関する免許更新を阻む恐れがあったという多くの報告があった。
それは政府大臣によってバックアップされた。

しかしながら、CCK長官フランシス・ワングシ(CCK's Director General, Francis Wangusi)はそのような報告を退けており、免許更新に関する会談が穏やかに進んでいたと言った。

彼が加えた2つの側の間に「緊張はない」ということある。

Safaircomはそのネットワーク品質へ報告書に異論をさしはさみ、独立した研究が行なわれるように要求した。

モバイルのネットワークも免許更新料金のサイズに不満であると言われている。
それはUS$2700万でセットされた。

今、Safaricomが切られたら、世界中は騒ぎ、収拾が付かなくなる。

2014-01-09---ケニアのネットワーク・サービスを改善しないと、ライセンスを失うと警告。
2014-01-06---Safaricomは、ネットワーク品質を改善しない場合、運転免許を更新しない。
2014-01-02---ケニアのネットワークは、ミスが多く、サービス品質の改善を要求。
2014-01-02---音声品質は、帯電話会社のためにまだ重要。