2014-01-15

ロシアの特殊部隊は、ダゲスタン銃撃戦で負けた。

BBC Newsは、ロシアの特殊部隊の3人のメンバーがダゲスタンのハサビュルト(Khasavyurt in Dagestan)の近くの家包囲で死んだ。
また、5人が負傷した。
4人の疑わしい闘士を死亡させた。

闇に乗じて逃げようと企てた闘士は、機関銃と手投げ弾で発砲を始めたと、ロシアのNAK(National Anti-Terrorist Committee/ナショナル反テロリスト委員会)が言った。

殺されたもののうちの1つは、先月爆弾攻撃を組織した疑いをかけられた。

ロシアは、ダゲスタンで何年もイスラム武装勢力と戦っている。

それは、2014年02月07日に、ハサビュルト()から西への900km(560マイル)にある黒海の都市ソーチ(Sochi)でオープンする冬季オリンピックへの準備段階中のセキュリティ・オペレーションを増強した。

治安部隊は、ダゲスタンおよび主としてイスラム教の北カフカスの他の部分の家の疑わしいイスラム武装勢力に頻繁に詰め寄った。
しかし、火曜夜のオペレーションは、攻囲者にとって悪く間違ったようになった。

連邦保安院および内部の省の特殊部隊がハサビュルトの村の家を閉鎖した時、占有者は「猛烈な武力抵抗(varying gravity)」を上げた、とNAKがそのWebサイト上で報告した。

特殊部隊はどうにか容疑者回避を中止したが、ゲリラ隊の攻撃により3人の死んで、5人が重傷を負った。

死んだ容疑者のうちの1人は、ハサビュルト・エリアの攻撃的な指揮者マラー・イドリソフ(Marat Idrisov)であると確認された。2013年12月27日のロシアの都市ピャチゴルスク(Pyatigorsk)で3人が死亡し、3人が負傷した爆弾攻撃を組織したと言われていた。

もう一人の死んだ容疑者は、戦士に食物と薬を供給する被告であった地方の人ルスタム・ダギロフ(Rustam Dagirov)で、彼の家が爆弾を組み立てるために使用されることを可能にすることとして指名された。

50kgのTNT(110ポンド)の爆発力を備えたIEDは、磁気機雷(magnetic mine)と共に家の内部で見つかった、とNAKが言った。

チェチェンの最後の戦争がほぼ5年以上前に公式に布告されて以来、ダゲスタンは北カフカス中のイスラム教徒の攻撃的な活動の焦点になった。

冬季オリンピック大会を守り切れるのか?!
喜劇俳優ジェラール・ドパルデューは、ロシアのパスポートを入手し、地方のヒーローとして挨拶され、無料でアパートを提供されたが、そこは戦場であった!

2014-01-09---ロシアはスタヴロポリで自動車射撃の後に容疑者を捜査。
2013-12-30---ボルゴグラードの鉄道駅爆破に続いて、24時間後にトロリーバス爆発。
2013-12-29---南ロシアで、「自爆テロ犯」により駅が大爆発!死亡者数が,どんどん拡大。
2013-01-06---喜劇俳優ジェラール・ドパルデューは、ロシアのパスポートを入手。

ダゲスタンのハサビュルト(Khasavyurt in Dagestan)のGoogle Earthポインター情報
43°14'60.00"N,46°34'60.00"E
または、
43.250000, 46.583333