2014-01-15

イギリスの銀行が,ペイメントApp「Zapp」に統合。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、最大手銀行のうちの3行はここまで、その把握を回避したが、イギリスのペイメントApp「Zapp」は今年後半に、イギリス国内のその着手に先立つ主な金融機関のうちの5行との取り引き締結したと報告した。

HSBC、ファースト・ディレクト(First Direct)、ネイションワイド(Nationwide)、サンタンデル(Santander)およびメトロ銀行(Metro Bank)は、それらの既存のモバイル・バンキング・アプリケーションをZappに統合することで合意した。

しかし、バークレーズ(Barclays)、ロイズ銀行グループ(Lloyds Banking Group)およびロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(Royal Bank of Scotland)はここまでZappに署名していない。

それらがZappのイギリスのペイメント手段VocaLinkを所有する18行の銀行および建築組合(building societies)の間で番号を付けるので、不参客は面白い。

フィナンシャルタイムズ(Financial Times)によると、現在まで、VocaLinkはアプリを開発する目的で、£3300万を投資した。

アプリは2014年09月から10月の間に開始する予定になっている。

しかし、バークレーズを含むいくつかの銀行は、VocaLinkと無関係に自分のモバイルペンイメント・サービスを開発した。

最初は、Zappが単にオンラインでの買い物のために働くことになる。

店内のモバイルペンイメントは2015年の終わりまで利用可能にならない。

銀行業務アプリを備えた直接の統合の利点は、経常収支からリアルタイム支払をするために、より少ない長いカード番号、パスワードおよびユーザー名と共に、加入者がZappを使用することができるということである。

以前から言ってきたように、モバイル・マネー環境はどんどん統合され,これまでに開発された機能で良いものだけが吸収されることになる。

バークレーズは、独自路線で走ってきたが,ここに来て大きな岐路にさしかかった。
孤立は、難しい。
しかし、最初にモバイルペンイメント・サービスを始めたと言う自負がある。
さらにバークレイズは、De La Rueが開発したイギリスで最初のキャッシュ・ディスペンサー(cash dispenser/現金支払機)をオープンした。

2013-10-22---Zappは、イギリスで60%をカバー。
2013-09-16---バークレーズは新しい特徴をPingitペイメントappに加えた。
2013-09-12---Zappは、Worldpayで商人へのアクセスを獲得。
2013-09-02---ビザは幹部の間違った辞職報告に応答した。
2013-08-02---イギリスのペイメント操業開始の会社は、大手銀行幹部を雇った。
2013-06-19---バークレーズは「Buyit」でモバイルペンイメント戦略を膨らませる。
2013-06-04---店内のモバイルペンイメントはヨーロッパと北米で成長のセット・アップ。
2013-03-28---イギリスのRBSとNatWestは、in-appインスタント・メッセージングに着手!
2013-03-14---RBSとNatWestは、P2P支払いサービスを開始。
2013-03-01---バークレーズは、独占モバイル・バンキング・サービスを始める。
2013-01-16---イギリスの銀行は2014年にモバイル振替を支持。
2012-08-26---バークレーズは、1か月当たり100万件の非接触ペイメントを処理。
2012-02-16---イギリスの銀行バークレーズがPingitサービスを開始。
2011-01-27---Orange UKが、大規模NFCモバイルペンイメント・サービスを公開!
1967-06-27---イギリスで最初の現金支払機がオープンした。