2014-01-15

NSAの最新の漏洩は、古い神話を破壊し、オフラインでスパイができる。

BBC Newsは、インターネットに接続していなかったコンピューター上でのでスパイ行為で、US NSA(National Security Agency/米国国家安全保障局)によって使用された秘密技術があったと報告した。

密告者エドワード・スノーデン(Edward Snowden)からのドキュメントを引用して、ニューヨークタイムズ(New York Times)は、100,000台のマシンに電波を放射する小型デバイスが取り付けられたと言った。

目標は麻薬カルテルと同様に中国・ロシアの軍も含んだ、と新聞が主張した。

金曜日に、米国の大統領がNSA活動に対する懸念に取り組むと予想される。

バラク・オバマ(Barack Obama)の計画上で「要約された」出所を引用して、ニューヨータイムズは、容積電話データを集める範囲に対する制限が重要な役割を演じて、人がシークレット・インテリジェンス・ミーティング(secret intelligence meetings/秘密知能会議)で公の視界を表わすために指定されるだろう。と報告した。

更に、外国の監視中のより厳しいコントロールは実行され、その試みは、それらのインテリジェンスのない世界的指導者のコミュニケーション・ツールから米国がデータを得させた意外な新事実からの政治的な副産物を湿らせるために、論文を示唆した。

この最新の漏洩の詳細は、NSAがどのようにコンピュータに小さな回路基板あるいはUSBカードおよび機械がより広いネットワークに接続される必要のない送信データへの電波の使用を挿入することにより、目標にアクセスしたかということになった。

それは最も単純なものだが、インターネットからそれを分離することは、システムを安全にする最も有効な方法のうちの1つであると見られたものを害するのは、その中の重要で意外な新事実であった。

含まれていた技術は、新しくはなかったが、米国のセキュリティー・サービスによるその明白なインプリメンテーションは以前に未知であった。

ニューヨークタイムズに発表された声明で、NSAスポークスウーマンは、次のように付け加えて、目標のどれも米国にないと言った。
「NSAの活動は、インテリジェンスの必要条件に応じて有効な外国のインテリジェンス目標に対して、そしてに対してのみに集中し、特に展開します。」
「私たちは、それらの国際的競争力を増強するか、あるいはそれらの最終結果を増加させる米国の会社を代表して、あるいは私たちが集まるインテリジェンスを与える外国企業のトレード・シークレットを盗むために外国の諜報能力を使用しません。」と言っている。

誰がそれを信じられるというのだろう。

これまでの経緯から、実に,馬鹿げた弁解である。

すべてを自ら公開しない限り信じられないが、それができるはずもない。

2013-12-25---エドワード・スノーデン・クリスマス・メッセージ。
2013-12-19---NSAの情報収集活動、米諮問委が「大幅改革が必要」と、その提言。
2013-12-17---日本政府、新たな防衛計画大綱と中期防衛力整備計画(2014〜18年度)を決定。
2013-12-17---日本は、中国に対抗するため、軍隊を増強。
2013-12-12---ウシバエ幼虫病のコンピュータは今「ネット交通の61%を占める。」
2013-12-09---「Person of the Year in 2013」ファイナリスト10人。
2013-12-05---WWW発明者は、不正を暴く内部告発者保護を訴えた。
2013-12-04---NSAが世界中で、携帯位置情報を1日50億件収集。
2013-12-03---機密暴露のガーディアン編集長「われわれは愛国者。」
2013-11-24---米国のNSAは、50000のコンピュータをマルウェアで感染させた。
2013-11-18---米国のYahooは、Web通信の暗号化を発表。
2013-11-07---Webクリエイターのティム・バーナーズ=リーサーはスパイ機関を非難。
2013-11-06---アップルは、政府が資料を要求したことを明らかにした。
2013-11-03---ドイツ、フランス、スペイン、スウェーデンも通信傍受していた!
2013-11-01---CIA元職員スノーデンを盗聴疑惑調査でドイツ支援の用意。
2013-10-31---話題のエドワード・スノーデン、ロシアで就職!
2013-10-31---ジョン・ケリー米国国務長官、情報収集活動で「行き過ぎ」を認めた。
2013-10-31---話題のエドワード・スノーデン、ロシアで就職!
2013-10-30---米国のスパイは、情報はどのように集められるか。
2013-10-29---ホワイトハウスは、より多くの知能制約が必要としたと言った。
2013-10-28---米国議員が居直った!ヨーロッパは、米国スパイ活動に感謝すべき!?
2013-10-28---スパイ機関は、番犬が必要!しかし、それ自体が、スパイと矛盾する。
2013-10-28---Photo Gallery:米国大使館がスパイだった!
2013-10-28---日本は、「愛しのキャロライン」がオバマに汚されるのを拒否する!
2013-10-27---オバマ大統領は大嘘つき!2002年からのメルケル盗聴を知っていた。
2013-10-26---陰謀説は、民主主義を破壊していますか?
2013-10-25---米国情報機関元トップの匿名インタビューが筒抜け!
2013-10-24---米国大使はNSA調査で、ドイツ政府に呼び出された。
2013-10-24---EUは、米国のスパイ行為で、ブリュッセル・サミットを開催。
2013-10-24---NSAの盗聴に対する世界のメディア報道。
2013-10-24---ドイツのメルケル首相は、EUサミットで信頼を回復するように米国に促した。
2013-10-24---NSAは、世界の指導者35人の携帯電話を傍受していた。
2013-10-21---米国のNSAは、フランスの民間人7000万件の通話を傍受。
2013-10-20---米国のNSAは、メキシコ大統領の電子メールを何年も覗いていた。
2013-10-17---スノーデンのリポーター、グレン・グリーンウォルドはeBayのプロジェクトに参加。
2013-10-11---スノーデンは、モスクワでサム・アダムズ賞を受賞。
2013-10-10---スノーデンの父親は、ロシアに着いた。
2013-10-09---イギリスの新聞「Guardian」は、さらに多くのスノーデンの意外な新事実を公表。
2013-10-07---ブラジルは、最新の電子のスパイ行為でカナダの大使を呼んだ。
2013-09-28---グレン・グリーンウォルドは新しいNSAの意外な新事実に取り組んでいる。
2013-09-24---ブラジルの大統領は国連総会で、米国のスパイ行為を攻撃!
2013-09-10---ブラジルのハッカー集団、NASAをNSAを間違えて攻撃!
2013-09-01---NSAは「ブラジルとメキシコをひそかに見張っていた。」
2013-08-21---デービッド・ミランダは、パスワード開示の後に「侵入された」と感じた。
2013-08-15---内部監査は、NSAが、1年当たりプライバシー規則を何千回破ったと判明。
2013-07-24---米国の逃亡者エドワード・スノーデンは、「空港を出ることを認められた。」
2013-07-19---Apple、Googleおよび他のテクノロジー大手はスパイ行為の公開を要求!
2013-07-15---「スノーデンは米国史上最大の機密情報を握っている。」
2013-07-15---元CIA逃亡者、ロシアのプーチンが中に閉じ込めた!?
2013-07-12---エドワード・スノーデンは、モスクワ空港会議のために登場した。
2013-07-11---米国の同盟国メキシコ、チリおよびブラジルが答えをひそかに調査して捜す。
2013-07-07---頑固爺のカストロは、振る舞いの悪さを理由に島人を叱った。
2013-07-06---ロシアの元美人スパイ、スノーデン容疑者に求婚!
2013-07-04---エクアドルは国家として、大使館バグの支援でイギリス国家を起訴。
2013-07-02---Wikileaks、エドワード・スノーデンは「収容先リクエストを拡大」と報告。
2013-07-01---スノーデンの漏洩で、EUが答えを求め、米国はクレームに悩む!
2013-07-01---フランスの大統領とドイツの首相は、米国に抗議!
2013-06-29---米国はEUをハッキング!
2013-06-23---米国の逃亡者エドワード・スノーデンはモスクワに到着。
2013-06-22---米国は、NSAの漏洩でエドワード・スノーデンをスパイ行為で起訴。
2013-06-17---EUと米国の史上「最大取引協定。
2013-06-17---イギリスのスパイは、外国の外交官を盗聴。
2013-06-10---「プリズム」とプライバシーのQ&A。
2012-12-02---ジェームズ・ボンドは、Skyfallの技術テストに落第!
2012-11-22---第2次世界大戦中の伝書鳩のメッセージ、解読不能。
2012-10-18---イギリス政府は新しいスキーム「スパイ見習」を始める。
2012-06-25---ジャームズ・ボンドの職場、MI5はサイバーテロ攻撃と戦っている。
2012-04-01---イギリスは、新規スヌーピング(出刃亀)法を計画!
2011-11-01---ロンドンで、サイバースペース・セキュリティ会議を開催!
2011-10-31---イギリスのGCHQチーフは、サイバー攻撃の脅威を報告!
2011-02-21---MI5による、ロンドン・テロ「7/7」の査問。
2010-10-12---イギリスのインフラストラクチャがサイバーの脅威に直面。
2010-09-21---イギリス外務省管轄軍事スパイ組織「MI6」の歴史本出版。
2010-09-17---イギリス国内スパイ組織「MI5」のヘッドは本格的テロ攻撃を警告。
2009-07-05---イギリスの外務向け諜報機関「MI6」のチーフの家族生活公開!
2007-01-09---イギリスのスパイ組織「MI5」テロ情報を電子メール・サービス開始。