gaYa広告

2014年01月14日

RoboEarthは、自分のWWWをテストする。

BBC Newsは、ロボットが互いから学んで、情報を共有するWWW(world wide web/ワールドワイド・ウェブ)は、初めて公開されたと報告した。

RoboEarthを開発した科学者は、オランダのアイントホーヴェン工科大学(Technische Universiteit Eindhoven)のモックアップを作られた病室でそれの能力を試すことにしている。

4台のロボットが、患者へ貢献する飲料を含む一連のタスクを終えるために、システムを使用する。

それは、EU(European Union/欧州連合)によって資金提供された4年のプロジェクトの頂点である。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

最終的な目標は、ロボットと人間の両方がクラウドに基づいたデータベースに情報をアップロードすることができるであろうことで、それは機械用の一種の共通の脳として働くことになる。

このシステムは、フィリップス(Philips)の研究者およびアイントホーヴェン工科大学を含む5つのヨーロッパの大学によって開発されている。

「その芯では、RoboEarthはロボット用のワールド・ワイド・ウェブです。ロボットが情報を共有することができ、互いから学習することができる巨大ネットワークとデータベースのリポジトリ」とRoboEarthプロジェクト・リーダーレネ・バン・デ・モレングラフト(Rene van de Molengraft, the RoboEarth project leader)は言った。

公のデモンストレーションのシステムをテストするために選択された4台のロボットは患者を助けるために「協力的に作動するだろう」、と彼がBBCに伝えた。

それらの他のものが、そのまわりの方法を見つけることができるように、1台のロボットは、部屋の地図をアップロードする。
他のものは、患者に飲料を出すことを試みる。

「問題は今ちょうど、ロボットが特に1つのタスクのために、しばしば開発されているということです。」
「私たちの環境の中で終始起こる日常の変更は、プログラムされたアクションをすべて使用不可能にします。」と彼が言った。

システムの目標はロボット用の一種の常に変わる共通の脳を作成することである。

「錠剤の箱を開くことのようなタスクはRoboEarth上で共有することができる。したがって、他のロボットはさらにその特定のタイプを箱用にプログラムされる必要なしに、それをすることができます。」と彼が付け加えた。

クラウドに基づいたこのシステムは、さらにロボットがコンピューティングまたは電池残量に搭載されて、あまり必要としないだろうということを意味して、ロボットのコンピューティングのうちのいくらかあるいは思考するタスクで、荷を降ろすことができることを意味する。

ロボット助手は10年以内に家庭の中で利用可能だろうとエキスパートは考えている。

ロボット電気掃除機、ウィンドウを洗うロボットおよびロボット芝刈り機を買うことは既に可能でである。

より多くのヒト型ロボット、無効になって支援するのに有能で、あるいは、高齢者は今開発されている。

自分の知能を獲得するロボットの危険について広範囲に書いた著者ジェームズ・バラット(James Barrat)は、保護手段がある必要があると考えている。

「短期でRoboEarthは、すべての参加するロボットのために単一障害点に構築することにより、セキュリティを加えます。」
「ノードのうちのどれでも自分のソフトウェアを発展させるかそうでなければ改善することができる場合、より長期的なものでは、気を付けます。それが起こる前に、中央の『心』とその能力を共有する結果は調査されるべきです。」と彼が言った。

アメリカ人が作ると,突然患者を攻撃し始めるかもしれない。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告