gaYa広告

2014年01月14日

ボーイング787は、またバッテリー問題で日本から飛び立てない。

BBC Newsは、JAL(Japan Airlines/日本航空)は、主なバッテリーを備えた欠点から来たかもしれない煙あるいはガスを検知した後にボーイング787ドリームライナー(Boeing 787 Dreamliner)航空機を地上に降ろしたと報告した。

その問題はルーチン保守の間に発見され、昨年、3か月の間787sをすべてアースしたのもバッテリー問題である。

航空会社は、エンジニアが煙に気づいたと言った。
次に、警報灯はバッテリー欠点を示して閃いた。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

ボーイングは、その問題に気づいており日本航空と仕事をしている、と言った。

航空機メーカーは、単一の電池がガスを放出し、計画されるように警戒システムが作動したことを初期の表示が示唆したと言った。

乗客は搭乗していなかった。

会社のシェア価格は最初に1.5%低下したが、その後支持されて緩和した。

今では、どんな787のバッテリー問題も微妙である。

調査者が、なぜ個別の航空機上の2つのバッテリーが2週間未満で過熱したかを調査する一方、ドリームライナーの世界的な艦隊は昨年地上に降ろされた。

その問題の正確な原因は決定的に証明されなかったが、ボーイングはバッテリー・システムのデザインを変更した。

BBCの輸送特派員リチャード・ウエストスコット(Richard Westcott)は、
「ボーイングは、リチウムイオン電池内の1個のセルが誤ったように見えると言う。セルの数は高度に重要である。」
「各バッテリーに合計8ある、また、化学薬品が1から広がる場合に、次にそれは潜在的に火事を起こすことができる。」
「ボーイングは、昨年ドリームライナー艦隊全体をアースしたバッテリー問題を解決しなかった。代わりに、ボーイングは、どんな将来の問題も含むために多くの安全対策を入れた。」
現在16の航空会社に対する勤務に115のドリームライナーがある。

全部、再検査が必要だろう。
組み立て時点に,問題があるようだ。
とくに,米国にはその背景、麻薬問題も潜んでいる。

以前,ニューヨークのケネディ空港に行って,カルゴの荷物を受け取ろうとしたとき,明らかに麻薬中毒といえる人が,訳の分からないことを口走り,大騒ぎになったことがある。

米国は,企業から完全に麻薬常習者を消すことができないことだろう。

2013-07-13---ボーイング 787の出火は、バッテリーではなかった!
2013-07-12---ヒースローで、787 Dreamlinerが出火し、ボーイング株価が急落!
2013-06-24---ボーイング 787、先週3つのユナイテッド航空のフライトを機械的な異常で中止!
2013-06-17---エアバスが組み立てたくなかった航空機A350。
2013-06-17---パリ航空ショーの1日目、エアバスがボーイングより多くの注文。
2013-06-17---パリの航空ショー。A350と787の戦い以上の大異変!米国の戦闘機が無い!
2013-05-26---全日空が、ボーイング787のフライトを再開。
2013-05-24---007が利用するヒースロー空港の危機一髪!飛行機エンジンから出火!
2013-05-20---United、月曜日にボーイング787のフライトを再開。
2013-04-27---ボーイング787 Dreamlinerは、初の商用飛行を再開。
2013-04-22---ボーイングは、787 Dreamlinerのバッテリーを交換し始めた。
2013-04-19---FAAは、裏取引のようなボーイング787フライトの再開を承認。
2013-03-26---ボーイングは、787の試験飛行が原因不明のまま「計画実行」。
2013-03-15---ボーイングは、原因を明確にしないまま、2週間でテストして終える!?
2013-03-08---NTSBは、ボーイング787ドリームライナーの詳細な記述を公開。
2013-02-25---ANAはより多くのボーイング787フライトを取り消した。
2013-02-20---日本の調査班は、ボーイング787で、バッテリーの誤配線を見つけた。
2013-02-05---Dreamlinerの危機:ボーイングは787のために試験飛行を要求。
2013-01-28---ボーイング787の問題は、モニタリングシステム・メーカーへ移動。
2013-01-21---ボーイングの調査はバッテリー・メーカーに頼った。
2013-01-17---不況の航空業界、お先真っ暗!
2013-01-16---ドリームライナーか、悪夢のライナーか!
2013-01-16---より多くのボーイング・ドリームライナーは、飛べない鳥!
2013-01-11---FAA、ドリームライナーの調査を命令!
2013-01-08---JALのボーイング・ドリームライナーから出火!
2012-12-26---トヨタは米国の訴訟の和解で、US$10億を払うことで合意。
2012-12-20---三菱自動車、リコールで株価が墜落!
2012-11-14---トヨタ、今度は270万台の自動車をリコール。
2012-10-10---トヨタ、全体的に743万台をリコール。
2012-08-23---カンタス空港はUS$2億5600万の赤字で、飛行機注文をキャンセル!
2012-07-04---ANAとJALの空中戦、激化!!
2012-03-07---トヨタ、68万1.500台リコール。
2011-11-07---ボーイング787 Dreamliner、商業サービス2週未満で問題発覚!
2011-06-29---トヨタ、ハイブリッド車の安全面で11万台をリコール!
2011-01-26---急報!トヨタ燃料漏出で、170万台リコール!
2010-12-21---トヨタは2つのリコールで、法律で規定する最高額の罰金に合意!
2010-11-30---またトヨタ、プリウスの欠陥で、65万台修理。
2010-10-21---トヨタが、米国と日本で新たに100万台リコール!
2010-07-18---ボーイングのドリームライナーが、国際的なデビューを果たした。
2009-10-29---イランの旅客機機長が乗客に「どうか祈ってください」と伝えた。
2010-04-16---トヨタ、さらに米国で60万台リコールを発表!
2010-02-09---トヨタ、国交省にリコールを届け出。
2010-02-04---話題のトヨタ「プリウス」日米でリコール!
2007-07-08---ボーイング787が登場した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト