gaYa広告

2014年01月14日

バブリーな中国企業がタイタニック号のレプリカ建造へ!

AFPは2014年01月15日に、中国メディアが2014年01月14日に中国四川(Sichuan)省に建設予定のテーマパークに、10億元(約172億円)を投じて、1世紀前に北大西洋で沈没した英豪華客船タイタニック(Titanic)号のレプリカが建造されると伝えたと報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

「不沈船」といわれたタイタニック号は1912年、北大西洋上で氷山に接触して沈没。この事故では1500人以上が死亡した。

タイタニック号は中国で知名度が高く、特にジェームズ・キャメロン(James Cameron)監督の映画『タイタニック(Titanic)』(1997)公開後に、人々を魅了する存在となっている。
この映画では、レオナルド・ディカプリオ(Leonardo DiCaprio)とケイト・ウィンスレット(Kate Winslet)が主演した。

中国のエネルギー企業七星能源投資集団(七星能源投资集团/Seven Star Energy Investment)によると、10億元をかけて建造されるタイタニック号のレプリカは、四川省に建設予定のテーマパークの中心的なアトラクションになると言っている。

全長270メートルのタイタニック号のレプリカは2年後に完成する予定で、中国国営の新華社(Xinhua)通信は、タイタニック号が氷山と接触した瞬間の船内の揺れも体験できるようになると報じている。

タイタニック号の復元計画としては、オーストラリアの大富豪クライブ・パーマー(Clive Palmer)氏が昨年、実際に航行可能な「タイタニック2号(Titanic II)」の建造を発表している。
こちらは2016年の大西洋横断を計画している。

日本でも,一時期どこでもテーマパークが作られたときがあった。しかし,そのほとんどが赤字でつぶれた。

贅沢を禁止しても、これでは国民が、豊かにはならない。

2013-10-19---タイタニック号と沈んだバイオリン、史上最高額の1億4000万円で落札。
2013-03-15---タイタニックの楽長によって演奏されたバイオリンを発見。
2013-02-16---新しいタイタニックは「圧倒的な」応答を受け取った。
2012-08-25---タイタニックを再現するオーストラリアの億万長者。
2012-04-30---オーストラリアの億万長者、タイタニック2号を造船!?
2011-04-12---中国が、オーストラリアで起こしたゴールドラッシュ!
2012-11-24---2種類のタイタニック・メニューがオークションに登場!
1912-04-10---タイタニック号がサウサンプトンから処女航海に出発した。
1912-04-14---豪華客船タイタニック号が、氷山に衝突した。
1912-04-15---豪華客船タイタニック号が、氷山に衝突し、沈没した。
1985-09-02---沈没した豪華客船タイタニック号が、水中カメラで撮影された。
1985-09-04---タイタニック号の写真を遠隔操作で撮影した映像が公開された。
2010-08-15---タイタニック100周年に向けて、2012年にクルーズが出発する。
2010-09-01---タイタニック号の高精細な写真を公開。
2012-04-10---タイタニック100周年記念クルーズ、病人で予定変更!
2012-04-11---タイタニック号から引き揚げた品々がオークション!?
2012-04-14---タイタニックの乗組員の顔。
2012-04-14---タイタニック100年:私たちは生き残りました。
2012-04-14---タイタニック:海底への旅!

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。