2014-01-15

中国の月面探査車「玉兔」が最初の探査活動を開始。

新華社と中国の国営テレビ局中国中央電視台(CCTV)は、BACC(北京航天飞行控制中心/北京航天指挥控制中心/Beijing Aerospace Control Center/北京航空宇宙コントロールセンター)が、中国の月面探索車「玉兔(Yutu/すなわち硬玉ウサギ/Jade Rabbit)」は、火曜日に月面土壌のその最初の科学的な調査を終えた、と言ったと報告した。

BACCステートメントによれば、月面探索車「玉兔」は、コントロールセンターからの指示に従って、21:45北京時間に月面土壌を調査するためにメカニカル・アームを使用した。

調査は、約30分間続き、すべてのオペレーションが探索車によって正確に行なわれた、と言った。

「380,000kmの距離のメカニカル・アームの精度管理は、月面上の高精度を備えたメカニカル・アームをコントロールする際に中国の進歩をして、プローブ中で実現されました」とBACCの刘勇是(Wu Fenglei)が言った。

探索車は、2013年12月23日の評価を曲げる腕、地質調査を始める前の重要なテストおよび表面の他の研究を完成した、とセンターが言った。

「玉兔」は月の地質構造および表面の物質を調査し3か月の間天然資源を捜す。
その一方で着陸船は1年間着陸地で調査を行なっているかもしれない。

2013-12-14---中国は、月面にローバーを安全に軟着陸させるのに成功。
2013-12-14---中国のロボット月面ミッションの真価。
2013-11-26---中国は、月面でウサギの探査を開始する。

Related Dates