2014-01-15

Ovumは、アップルが2014年末までにm-payプラットフォームを始めると予測。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、イギリスの調査会社Ovumによって作られた予測によれば、Passbookウォレット(Passbook wallet)のようなイニシアチブの数年後の今年の最後に、アップルが理解し、かつ羽毛の生えそろったモバイルペンイメント・サービスを始めるのを見るだろうと言ったと報告した。

また、調査会社によって予測された別のものの場合、その競争はさらに頑丈になるり、実現するかもしれないと言った。

アマゾン(Amazon)は、モバイルペンイメントへの控え目なアプローチを追求しているが、MPoS供給者GoPagoの最終受け入れが、モバイルペンイメント・サービスのより深いプロファイルとして、2014年に仕上げるだろうということを意味する、とOvumが言った。

他のところでは、会社が2014年がNFCが取り除く年ではないと予言した。
また、2015年もしない。

「そして商人と消費者の低価法で、ますます多くの代替実現技術は容易に利用可能です。」とOvumは言った。

しかし、HCEによって主催されたカード・エミュレーション(card emulation)は、NFCに手助けを与えることができた。

HCEは、革新と競争に門戸を開くことにより、採用を押し上げることができるNFCにクラウドに基づいたアプローチを提示した。

しかし、その可能性をやり遂げることである場合、HCEは、主要なクレジットカード会社、およびアドレス・セキュリティ上の問題への支援を必要とする。

低エネルギー技術BluetoothはアップルのiBeaconのような適用を通って有力な役割を演じることができた。

しかし、Ovumは、これらの適用ができることの制限を不明瞭にする誇大広告の危険があると警告した。

アップルにしても、低エネルギー技術Bluetoothだけで良いと考えているのではなく,セキュリティで不安なNFCを安定する遠ざけ、その前に,提案できるものを発表しただけかもしれない。

なにしろ、モバイルペンイメントやNFCはお先走りで,軽薄な開発が多すぎるので、アップルやアマゾンは静観視していたということだろう。

私もモバイル・マネーとして紹介しながら、目新しい技術はすべて淘汰され,どこかに吸収されてしまうだろうと考えていた。

それまでにお金をつぎ込んで、振り回されてきたVISAなどは,吸収する側にならなければ未来はない。
ただし、吸収するのは新しい技術の理解者と新しいお金が必要になり、それが見える管理者が求められることだろう。
これは,大きな声を出しても解決できない。

2014-01-06---inMarketは、選択された食料雑貨店でiBeaconのロールアウトを発表。
2013-12-17---アマゾンは、モバイルペンイメント会社GoPagoを買収。
2013-12-10---アップル、クアルコムは、小売り業者のためのロケーションベースのマーケティングを着手。
2013-12-10---Bluetoothのスマート技術は、2014年にウェアラブルで67%の成長。
2013-11-19---アップル、iPhone Appで、小売店のロケーション・アウェア実験。
2013-11-12---バイオメトリックスは、パスワードから解放!?
2013-11-05---アップルは、米国で指紋スキャナ組立工場をセット・アップ。
2013-10-24---NFCは、2017年までに店内モバイル決済でUS$480億を可能。
2013-10-16---閉会基調ノート;NFCへのアップルがキー。
2013-10-01---アップルは、Passbookで新しいデジタル財布の準備。
2013-09-26---重要なインフラ投資に依存するモバイルペンイメントの成功。
2013-09-18---オーストリアで、NFCに基づいた財布イニシアチブが始められた。
2013-09-16---アップルは買物客を対象に、Bluetoothを使用する「iBeacon」。
2013-08-20---Ovumは、新興市場オペレーターがプリペイドの基盤単純化必要。
2013-05-13---アマゾン、組織内のマイクロペイメント・システムを拡張。
2013-05-06---Amazonは中国で、Paid App Storeを立ち上げた。
2013-04-25---アップルのCEOは、モバイルペンイメントを幼児期と言っている。