on-the-time.jp

2014年01月13日

モネの絵画を売ろうとしたイメルダ・マルコスの補佐官,懲役6年以下。

BBC NEWSは、イメルダ・マルコスの元補佐官に、米国でマルコス夫人の夫ファーディナンド(Mrs Marcos' husband Ferdinand)がフィリピンの大統領として追い出された後に消えたモネの絵画を売ることをたくらんだことで懲役6年以内が宣告されたと報告した。

75歳のビルマ・バウチスタ(Vilma Bautista)は、ロンドン・ギャラリーへ絵画をUS$3200万(£1950万)で売ることをたくらみ、11月に有罪と立証された。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

フィリピン政府は、国が美術品を所有するとその後主張した。

ビルマ・バウチスタは、彼女のセンテンスの一部として税でUS$350万を払うことも命じられた。

1899年の絵画は、モネのスイレン・シリーズから、1986年にフェルジナンド・マルコス前大統領の政府の崩壊に続き、ビルマ・バウチスタの所有に入ったと言われている。

イメルダ・マルコス(Imelda Marcos)は、夫が20年の汚れた独裁政治中に芸術と高級なオブジェクトの広大なコレクションを蓄積した。

しかし、その多くは、彼がパワーから取り除かれたのを見た1986年の人民パワー革命(986 People Power revolution)の後に消えた。

フィリピン政府は、マンハッタンのフィリピン領事職タウンハウスから含む遺失物を検索しようと努力した、とマンハッタン地区検察局が声明で言った。

オフィスは11月に「またまさに彼女が価値のある芸術品のうちのいくつかを所有した時、このキャンペーンをモニターすることで、ビルマ・バウチスタ知っていると分かった。」と言った。

マルコス家によって獲得した2枚のモネを含む4枚の絵画が、彼女の所有の中で終了した。

誤りのドキュメントを使用して、彼女は、成功裡に2010年にロンドン・ギャラリーへクロード・モネの Le Bassin aux Nympheaseに売った。

ビルマ・バウチスタのための弁護士は、絵画を売る権限を保持し、所有権がマルコス夫人のものと、と彼女が信じたと言った。

絵画の公式所有権は、民事裁判所で現在決定されている。

ドキュメントの不正行為および税罪の有罪判決もビルマ・バウチスタに下された。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。