2014年01月14日

中国の深圳にあるクローニング工場では、クローン・ブタを量産。

BBC Newsは、中国南部の丘を回転る際にセットされた長い建物に到着するかなり前にブタの悲鳴を聞く。
動物がペンのまわりのレールに対して引っ張るとともに、餌の時間は熱狂する。
しかし、これは通常の豚舎ではない。
BGIと呼ばれる急成長している会社によって実行されて、この設備はブタのクローニング用の世界で最大のセンターになった。

含まれていた技術は特に新しくはない。
しかし、新しいことは大量生産の適用である。

流された最初は、2つの長い列に90頭の動物を含んでいた。

人が予期するであろうことで、それらは完全に正常に見える。
しかし、それらの各々はクローン胚を運んでいる。

多数がクローン自体である。

この場所は、年間500頭のクローン・ブタを生産している。
驚くことに、中国は、工業規模の科学を開発している。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

驚いたことに、私たちは仕事がどのように終っているか確かめるために連れて行かれた。

ペンの隣の部屋は外科として役立っている。
また、雌豚は手術台上の彼女で背の上にあって、麻酔薬の元で寝ている。

酸素マスクは彼女の鼻の上に適合されている。
また、彼女はしっかりと呼吸している。

青いビニール袋は彼女の足をカバーしている。

2人の専門家が、雌豚の子宮を見つけるために光ファイバーを挿入した。

3分の1は、冷蔵庫から小さな試験管を検索する。
これらは、研究所中で準備された初期段階胎児胚盤胞である。

すぐに、それらは注入される。

空調は部屋に取り付けられていない。
また、それも清潔ではない。

ハエはブタの頭でざわめいている。

私の最初の考えは、手術がルーチンの合計の外見で導かれているということであった。

外国のテレビ・クルーの存在さえ、違いがほとんどないように見えた。

動物は快適であった。
しかし、動物保護運動家がそれすべてで作るものはいうまでもなく、私たちがどのように反応してよいかに関して、感度ない。

チームは、1日当たり2つの注入を行うことができる。
成功率は約70-80%である。

生まれたての子豚が乳を飲ませるべき母親に近いところで流された別のものへ示されるように、黄昏は落ちていく。

加熱ランプは部屋を暖かくしている。

動物のうちのいくつかはクローンのクローンである。

大部分は遺伝子組み換えであった。

仕事のポイントは新薬を実地に試みるためにブタを使用することであった。

それらが人間に遺伝学的に非常に類似しているので、ブタは有用な「モデル」として役立つことができる。

したがって、それらに特性を与えるためにそれらの遺伝子を修正することは、そのプロセスを支援するかもしれない。

特に小さなブタの1つのバッチは成長遺伝子を削除した。
それらは一つの時代で成長することをやめた。

それらをアルツハイマー病に、より弱くしようとするために、他のものはそれらのDNAで修繕をした。

本社に戻り、ライン専門家は顕微鏡の上にうずくまる。

これはBGI革新である。
高価な機械を人々に取り替えることで、それは「手製のクローニング」と呼ばれ、すべてをより迅速で、より簡単にすることを目指している。

担当の科学者ユタオ・デュ博士(Dr Yutao Du)は、技術について説明する。

「私たちは、1つの非常に大規模なクローニングを行うことができます。」「私たちがここで、ともにクローニングを行うために、30〜50のクローニング工場を作ることができる」と彼女は伝えた。
クローニング工場(cloning factory)という信じられない概念は、SFから直接に借りた。

しかし、ここ深圳では、古い製靴工場だったもので、この増加する力は新産業を作成している。

中国合理主義で、そのクローニングされたブタをいつか食うと言い出すのではないかとはらはらすることだろう。

BGIは、ブタのクローンを作るための世界で最大のセンターだけではない。
それはさらに遺伝子配列解明技術用で世界最大のセンターでもある。

もうすぐ、ここクローニング工場で生産されたクローン・ブタが、香港、上海、北京の中華料理にこっそり出されるかもしれない。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト