on-the-time.jp

2014-01-06

Broadcomは、家庭のために5G Wi-Fiビデオ・ストリーミングを開始。

Cellular-Newsは、ブロードコム(Broadcom)は、新しいWi-Fi SoCs(system-on-a-chips/)を導入したと報告した。

BCM43569は、産業のUSB 3.0インタフェースを備えた最初の2重バンドの2x2 MIMO結合チップとスマート・テレビがWi-Fiとブルートゥース(Bluetooth)信号の両方を同時に受け取ることを可能にする共存技術である。

[AD] You can advertise on this site.

家庭の中の多数のデバイスに Wi-Fiに関するHDコンテンツを配送するために、ルーター、ゲートウエイおよびセットトップ・ボックスは、プラットフォームのホストCPU処理能力に極度に依存する。

これらのプラットフォームは、Broadcomの新しい3x3 MIMO 802.11ac SoCソリューションBCM43602によってホスト処理装置から、Wi-Fi処理の荷を降ろすことができる。

ビーム形成も全体のホーム無線報道を保証するために両方のチップ上で支援される。

Broadcomのマーケティング、無線接続性コンボ副社長ラフル・パテール(Rahul Patel, Vice President, Marketing, Wireless Connectivity Combos)は「すべての製品セグメントを横切った5G Wi-Fiを伝える最初の会社として、Broadcomはイノベーションとエンジニアをリードし続ける、より強力な次世代の5G Wi-Fi製品、それは今日の内容に飢えた消費者を支援する。」は言った。

ABIリサーチの調査担当重役フィル・ソリス(Phil Solis, research director, ABI Research)「2014年の終わりまでに、送られた合計のWi-Fi ICの50%以上に802.11acが含まれると予想される」
「接続している家庭のデバイス中の無線接続性の性能を最大限にすることによって、Broadcomは、すべての製品セグメントを横切って802.11ac技術の産業採用を駆り立てるのを支援し続けます。」と言った。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.