on-the-time.jp

2014年01月13日

なぜ私は、人間の足を食べたか!

BBC Newsは、中央アフリカ共和国(Central African Republic)の派閥の暴力は、首都バンギ(Bangui)で人食いの行為を備えた新しい究極に達したと報告した。

BBCのポール・ウッド(Paul Wood)は、赤土ほこりの噴煙を上げているバスは、まだほこりで醜い血痕をすり消していなかった。

イスラム教の人は、数日前にクリスチャンによって、ここで殺害された。

彼の四肢は叩き切られた。

その後、群衆のうちの1人は、人食いの公のデモンストレーションとして、その肉を食べた。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

黄色のTシャツの中の若者が、その話に達した時、私たちは近くで映像で覆われていた。

「私は腕白です」と彼が片言のフランス語で言った。

当惑して、彼の手を揺さぶり、なたが彼の皮状のジーンズへ差し込むことに私が気づいた時、彼を通りすぎて緩和しようとしていた。

「私は腕白です。」と彼は繰り返した。

吐き気を催させる感じで、BBCのポール・ウッドは、人食いに話しかけていることを理解した。

カメラ付き携帯電話は犯罪を捕らえた。

1つの、焦がされた、また金切り声を上げる暴徒によって通りを引きずられているバラバラ死体を写真は示した。

人は切断された足や手を抑制した。

同じ人が、わずか後にポール・ウッドの前に立っていた。

彼はさらにビデオのときと同じ黄色のTシャツを着ていた。

数分前に、私はぞっとした目撃者、ギセリン・ンゾト(Ghislein Nzoto)に話しかけた。

彼は、イスラム教の人がバスから引きずられた時、それが始まったと言った。

「人々は彼を蹴って、彼を攻撃し始めた。それらは彼の頭に岩を激突させました。彼が死んでいた後さえ、それらはやり続けました。」彼は言った。

「それらは身体に火を付けます。」
約20人の若者がいた。

それらは全体の足と手を切り離した。

その後、それらのうちの1人はそれを食べ始めた。

彼は、その肉を4回呑み込んだ。

燃えずに、それは生であった。

人食いの名前はオウアディア・マグロアール(Ouandja Magloire)で、現在では、「Mad Dog(狂暴)」として知られていると彼はポール・ウッドに伝えた。

通りの側には、明るく色づけした布を襲う人々、皮膚を白くするクリームおよびたくさんの新鮮な塊など、使用中の市場がもある。

なぜ彼がこの恐ろしいことをしたか、彼に尋ねることができたように、どこかにもう少し静かになところに移動した。

彼は、イスラム教徒が妊娠している妻、義理の姉妹および彼女の赤ちゃんを殺したと伝えた。

彼は、その人が小型バスに座るのを見た。
彼は、そのイスラム教徒を見つけたと思った。
したがって、彼は、バスに追い掛けることに決めた。

暴徒として、ますます多くの人々が彼に加わった。

「私たちは彼についていきました。」と彼が言った。

「もし彼が達すれば、Burundiansは彼を保護する。したがって、小型バス・ドライバーに止まるように命じた。

ドライバーは、
「正しい。彼はイスラム教徒です。」

彼は、その人がバスから引きずられた後、何が起こったかを説明した。
「私は、彼の下から彼の脚を蹴った。

彼は倒れた。

私は彼の目を突き刺した。

「イスラム教徒!イスラム教徒!イスラム教徒!私は彼の頭を突き刺した。私は、彼にガソリンを注ぎました。私は彼を焼きました。その後、私は彼の脚(ちょうど白い骨までの全てのもの)を食べました。そのため、人々は私をMad Dogと呼びます。」

ビデオにおいて、「Mad Dog」が、ほおを膨れさせながら、幸福に噛むのが見られた。

ポール・ウッドはなぜ彼がこれをしたかという問題に戻った。

「私が腹を立てていたので」と彼は言った。

彼は他の説明を持っていなかった。

ポール・ウッドのインタビュー中に、彼は、その怒り、誇り、または後悔、任意の感情のサインを全く裏切らなかった。

彼の調子は中立で、彼の目や顔はblankであった。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト