gaYa広告

2014年01月13日

ロボットは我々の仕事を盗むために来る。

BBC Newsは、ロボットが来ると心配する場合、それらが既にここにあると報告した。

例えば、AI(Artificial intelligence/人工知能)エージェントは、既に私たちの生活のすべての面に関係している。
それらは私たちの書類受けでスパムがなくしている。
それらは、私たちが私たちのWeb処理をするのを助けている。
それらは私たちの飛行機を飛ばしている。
また、Googleがそれを得れば、方法は、さらにまもなく私たちのために自動車を運転する。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

特異性大学のAIのトップであるニール・ヤコブスティーン(head of AI at Singularity University, Neil Jacobstein)が、
「AIは、私たちの日常生活の構造に埋め込まれています。」
「それらは医学、法則、設計および自動車産業の全体にわたって使用されます。」とBBCに伝えた。

また、毎日、動力を供給する陰で決定するアルゴリズムは遠方によりスマートになっている。

それは、人間と同じくらい知的に機械をする探索の現代世界(modern world)で最も大きな探究のうちの1つが期待をかき立てるように接近しているようになることができたことを意味する。

ニール・ヤコブスティーンは、論点をうまく避けて、人工知能が2020年代中頃に人間情報に追いつくだろうと予言した。
人工知能によって支配された社会は、どのように見えるか?また、それにおける私たちの役割はまさに何か?

Stealing jobs?(仕事を盗む?)

世界で最大の契約エレクトロニクス・メーカーである中国の会社フォックスコン・テクノロジー(Foxconn Technology/富士康科技集团/鴻海科技集團)として知られる台湾のホン・ハイ・プレシジョン・インダストリー(鴻海精密工業/Hon Hai Precision Industry)は、ロボットを作る工場を建造するつもりであり、次の3年にわたって500,000人の労働者をロボットに取り替えるつもりであると発表した。

この分野で注目されているのが,日本のシャープである。
シャープが建設した液晶パネル生産工場は,完全自動化され,働く人は少ないが,広大な土地を利用している。
それを小型化することは,生産する機器を小型化すれば可能である。
つまり、組み立ては完全に自動化可能である。

それこそ,書籍が注文を受けてからドライ・プリンティングで印刷し,製本して,出荷することで無駄が省けたように、携帯電話などは、ユーザーの目的に合わせたカスタマイズ出荷も可能になる。
それも小規模工場をニーズのある場所で多数作ることで、中国の広大な土地に頼る必要もなくなる。

しかし、仕事を持っていないことはさらに、生活のために働くことに使用される世界のための根本的な賃金を持たないことを意味する。

つまり、中国に広い土地は利用したいが,多くの労働者は不要になるかもしれない。

「AIは重要な失業を引き起こすでしょう。しかし、それは貧困と一致しません」とニール・ヤコブスティーンが言った。

「AIおよび他の指数関数的な技術は莫大な量の富を生成するでしょう。」
「私たちは、富がどのように人々と分配し、社会契約を喜んで変更しなければなりません。」

彼は、完全に調和して作動する機械と人間の楽観的な視界に並んで傾いていた。

「問題解決のための最良のコンビネーションは人間とコンピュータです。」と彼が言った。

著者でドキュメンタリーの制作者であるジェームズ・バラット(Author and documentary-maker James Barrat)は、人工知能の猛襲を心配している

私たちの最終発明は、人工知能の増加する支配が人間の時代の終了を意味するかどうか調べていると言っている。

「高度なAIは、核分裂のように、DUTです。分裂は都市を照らすか、あるいはそれらを灰にすることができます。」
「上級でAIは、分裂よりさらに揮発性で、より危険になります。また、それは自律の自動無線飛行機や戦場ロボットの中で既に武器化されています」とジェームズ・バラットがBBCに伝えた。

「他の科学以上に、私たちは、やむを得ずそれによって私たち自身を調査します。私たちが知能、良心、感情と呼ぶこれらのものは何ですか。しかし、内部へ見ることで、私たちは、よりよく不合理な暴力および技術的な不注意に対する私たち自身の偏愛を見ます。」
「私たちの革新は、常にはるかに私たちの管理より進んで走ります。」と彼が言った。

12月にペンタゴンの調査単位Darpaによって組織された競争が、経過することである場合、ロボット革命は離れて実行する方法かもしれない。

ビデオに記入されたオンラインは、挑戦のうちのどれでも終えないいくらかを備えたそれらの足で多くの場合、不安なロボットが人間よりはるかに遅いままだったことを示した。

体力任せの開発思想は,非常に危険である。

Googleは次に、体力任せで本物のロボットを作ろうとしている。

最近、ISS(International Space Station/国際宇宙ステーション)のために3種類のヒト型ロボットが注目された。
2種類は体力任せの米国が開発したRobonaut 2と、ロシアが開発した新型ロボット宇宙飛行士「SAR-401」で、攻撃可能である。ところが日本の開発した日本のロボットKiroboであった。

ロボットと人工知能のまわりでうなりが、今ちょうどある。

Googleは、8つのロボット工学的な会社を買収した。
その一方で、Facebookには非常にそれ自身のAI研究所(AI lab)がある。

Googleロボットは非常に強力かもしれないとジェームズ・バラットは考えている。

「それは人間のレベル知能への1つのルートです。高品質個人秘書は単にスマートフォンではないでしょう。それは人間の特徴を持った身体を持つでしょう。なぜヒト型ロボット?したがって、それはあなたの自動車を運転することができます。あなたのツールを使用して、赤ちゃんを弾ませる。必要あればあなたの護衛として働く。」と彼は言った。

ロボットの上昇は、決定鎖から人間が結局完全にふるい落とされるであろう論理的なステップで、数年で、AIが他のAIをコントロールするだろうということを意味して、そのとき避けられないかもしれないことになる。

それは、私たちのラップトップとコンピューター中で既に起こっていた、とニール・ヤコブスティーンが言った。

「アンチウイルスソフトウェアは基本的にAI技術で、それは私たちがウィルスとワームと呼ぶ他のAIを検知するために使用されている。」彼は言った。

しかし、彼は、「ロボット失敗」が「人的ミス」と交換しないことを確かめ、コントロールが将来のAIシステムに組み込まれなければならないだろうと認める。

「私たちは人間と日常生活中で必要とするのと同じ階層状のコントロールシステムを構築するでしょう。私たちは危険を見て、コントロールを構築したい、停止、その悪者振る舞い。」彼は言った。

さらに怖いのは、Googleのチェアーマンが自宅の上空に来る無人偵察機に怒っているが、庭に防御用攻撃ロボットを開発するのではないかと言うことである。

つまり攻撃型自警ロボットには,感情制御機能をどう開発するかというテーマがある。

ニール・ヤコブスティーンは、ロボットの乗っ取りに関して、彼は多数がそれを悪夢の材料と見なすことによく気づいている。

自分を守るべきロボットが乗っ取られ、攻撃を始める可能性は十分にある。

「何人かの人々は、「あなたは、どのように人工知能の前途を知って、夜に眠りますか。」と尋ねる。

「しかし、私を夜目が覚めているようにしておくのは人工知能ではありません。それは人間の愚鈍です」と彼が言った。

彼にとって、人間がロボットに遅れずについていくただ一つの方法はむしろそれらのようになることであると言っている。

「私たちの脳は50,000年間主なアップグレードをしていません。また、あなたのラップトップかスマートフォンが5年でアップグレードをしていなかった場合、あなたはそれについて関心を持っているかもしれません。」と彼が言った。

既に、私たちは今、SiriとGoogleのようなAIにアクセスし、私たちのスマートフォンによってWebにほとんど絶えず接続される。
したがって、それは、シリコンが私たちの頭脳に埋め込まれている場合に、将来を想像する1ステップにない。

また、私たちがロボットに遅れずについていくことはただ一つの方法でありえると言っている。

これは間違いで,ある一部では完全に人間はロボットに遅れる。
それは,開発哲学に頼るしかないが,それは不可能かもしれない・

2013-12-20---日本のロボットKiroboが宇宙で最初の雑談を始めた〜
2013-11-27---ロシアの新型ロボット宇宙飛行士「SAR-401」
2013-11-19---3機のナノ衛星「Cubesats」を宇宙ステーションから放出。
2013-06-26---日本会話ロボットは宇宙への準備ができている。
2013-01-02---ISSのデスティニー研究所で、Robonaut 2をテスト中!
2012-03-16---M&M(Man and Machine/人と機械)
2011-02-24---スペースシャトル「ディスカバリー」最後の打ち上げ!
2010-11-02---ロボット「Robonaut2」と宇宙飛行士の対面。
2010-11-01---NASAは、月面探査でロボットを月に送る!
2010-09-03---多くのメディア関係者を未来の宇宙探検実体験ツアーに招待!
2010-07-30---Twitterを使うロボットは、今秋に宇宙に旅立つ!
2010-04-14---NASAは今年、宇宙ヒューマノイドを打ち上げる。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト