on-the-time.jp

2014年01月13日

KDDI、住友は、ミャンマーの開発で相互協力。

Mobile World Liveは、ロイターからの情報として、2013年に2つの新しいライセンスを勝ち取った日本のKDDIと住友は、OoredooとTelenorを備えた競争を押し上げる動きとして、ミャンマーの状態に支配される携帯電話会社との協力を形成する位置にいたと報告した。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

貿易商社住友のミャンマー現地法人の部長代理Soe Kyuは、MPT(Myanmar Posts and Telecommunications/ミャンマー・ポストとテレコミュニケーション)のパートナーになることに関する「排他的な」会談へ日本の2つの会社が共同で招待されたと言った。

他の潜在的なパートナーとして、MPTはボーダフォン(Vodafone)、オレンジ(Orange)およびシングテル(SingTel)にリンクした。
その時には、KDDIと住友は言及されなかったので、かなりの驚きになるだろうと伝えている。

オレンジはそれに与えられて、強い候補に見え、OoredooかTelenorのいずれかがそれらのライセンス協定に署名しなかった場合、バックアップとして、6月にパートナー丸紅が選択された。

しかし、それは可能で、政府はMPTのために数人のパートナーを捜していても良いことになっている。

政府は、MPTがより経験を積んだOoredooとTelenorのモバイル市場に参入する時、それが直面する競争に耐えるのを支援するパートナーが必要であった。

GSMA Intelligenceによれば、MPTは、2013年第4四半期段階の終わりに合計760万のモバイルの接続で、11.7%だけの浸透率であった。

現在国内の商業サービスを持つ単独の携帯電話会社であることと同様に、MPTはさらに産業の取締人である。

政府は、2015年までに新しい取締人を作ることを計画している。

さらに、それは、MPTの中の少数株主に売るように見えている。

4番目の会社、状態を背部をつけた主としてインターネット・サービス・プロバイダーであるYatanarponはさらに携帯電話のライセンスを保持している。

Soe Kyuは、住友/KDDIが昨年6月に与えられた2つのライセンスのために選抜候補者リストに入れられたと言った。

彼は、2、3か月以内のMPTとの協力に同意することを会社が望むと付け加えた。

「今回、私たちは自信満々です」と彼が言った。

2013-11-04---Ooredooは、モバイル・マネーで100万人の顧客を獲得。
2013-09-13---ミャンマーはオレンジとの協力会談進行中!
2013-07-01---KDDI、ベトナムのホーチミンでGNOCをオープン。
2013-03-17---アウン・サン・スー・チーは、アイコンから、政治的なプレーヤーへ!
2013-02-26---日本企業のミャンマー進出に拍車。
2012-12-12---KDDIは、ミャンマーにオフィスを開設。
2012-11-02---世界銀行は、25年ぶりにビルマへ出資する。
2012-10-31---ビルマで、アヘン栽培が増加!
2012-04-20---ビルマの大統領、投資について話すため日本に来た。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

gaYa広告