gaYa広告

2014年01月13日

サントリーは、蒸留酒メーカー「Beam」をUS$136億2000万で買収。

AP通信と日本経済新聞は、アルコール・ブランドバーボン・ウイスキーJim BeamとMarker's Markで知られている「Beam(ビーム)」は、日本のサントリー・ホールディング株式会社によって約US$136億2000万で買収されることに合意したと報告した。

蒸留酒メーカー(spirits maker)の株価は、月曜の取引前の取引で上昇した。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

サントリーは、1株当たり金曜終値US$66.97のプレミアム25%で、US$83.50を払うと予測されている。

「Beam」は、負債を含む取り引きの約US$160億で値を置いた。

サントリーは、山崎や白州も含むウイスキーと、ミドリ・リキュール(Midori liqueur)と同様に他の飲料と共に、蒸留酒のポートフォリオを持っている。

また、サントリーは、既に日本でJim BeamやMarker's Markなど「Beam」の製品を販売している。

両社の役員会は満場一致で処理を承認した。
後は、「Beam」の株主からの承認を必要としている。
それは第2四半期に閉じるためにターゲットとされている。

日本経済新聞は、佐治信忠社長はこれまで海外での大型買収に意欲を示してきたが1兆円を超える規模の買収は難しいとみられてきた。
割高ともいえる買収金額はリスクを伴う賭けの一手で、縮む日本市場から踏み出し、酒類での世界企業への脱皮に向けて大勝負を打ったといっている。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告