gaYa広告

2014年01月08日

ルフトハンザ航空のキャンペーンは、人生を変えるゲーム「Are you Klaus-Heidi?」

AFPは2014年01月12日に、ドイツの航空会社ルフトハンザ(Lufthansa)航空が2013年10月からスウェーデン市民を対象に実施していた同国の首都ストックホルム(Stockholm)とドイツの首都ベルリン(Berlin)を結ぶ便の販促キャンペーンのコンペティションの勝者クラウス・ハイディ(Klaus-Heidi)が2014年01月08日に、ベルリンのテーゲル(Tegel)国際空港に到着したと報告した。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

「Are you Klaus-Heidi?(クラウス・ハイディさんですか?)」と題して行われたキャンペーンは、名字を「クラウス・ハイディ(Klaus-Heidi)」に変更し、それをインターネット上のルフトハンザ航空のキャンペーン・サイトに登録した人から選ばれた人物に、ベルリンまでの片道航空券と同地にあるアパートに1年間暮らせる権利、ドイツ語のレッスン、さらに新しい名前入りの自転車をプレゼントするという内容。

コンペティションへの参加に際しては、改名後に取得した身分証明書の提示のほか、ベルリンに引っ越したい理由を書いた手紙の提出が求められた。スウェーデン当局によれば、キャンペーン開始から1週間もしないうちに1人目の改名申請が提出されたと言っている。

応募者の中から選ばれたのは、スウェーデン中部Fjugesta在住の24歳で「元」ミカエル・アンデション(Michael Andersson)で、今後、名前を元に戻す考えはないと話している。

ルフトハンザは改名後の名前に「クラウス・ハイディ」を選んだことについて、「非常にドイツ的な名前の組み合わせだから」と説明している。当初は応募者はいないと予想していたが、実際に改名した人は42人おり、「意外に大きな反響があった」と言っている。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト