on-the-time.jp

2014年01月06日

9枚のチャートで見るウォールストリートのApple、Google、Amazonの狂気。

ジム・タウナス(Jim Tanous)はMac Observerで、忠実なApple中の最近のテーマは、会社の財務実績とその株価の間の肝をつぶすような矛盾であったと報告した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

マージンは同じほどには高くなく、世界的販路シェアがスリップし続けるが、Appleは、まだ毎四半期利益での何10億を詮索し、アメリカのような重要な市場のその位置を強くし続ける会社であった。

しかし、この成功にもかかわらず、会社のストックが過去2年間ジェットコースター旅行上にあった。
その一方でライバルはGoogle、Amazonが好きで、比較的株価での安定成長を楽しんだ。

さて、フォーチュン・リーダMerckelのおかげで、Appleの支持者および投資者は、それらのフラストレーションを放出する間に、それらが指すことができるいくつかの照明する図表を持っていた。

フォーチュンのフィリップ・エルマー=デビット(Fortune’s Philip Elmer-Dewitt)によって共有されるように、過去の4四半期中の財務比較はApple、AmazonおよびGoogleのために9枚の手軽なチャートの中で説明された。

これらの9つのアイテムより会社の株価の評価へ遊ぶもさらに要因がある間、チャートは、会社を評価する場合、投資者のリストの一番上に伝統的にあるエリアを指す。
また、Appleは、それらのすべての中でGoogleおよびAmazonの両方のそれぞれの時計を清潔にし、株価を除外している。

しかし、エルマー=デウィットは主要問題を指摘した。
「Merckelの棒グラフから判断して、市場が言っているように見えることは、それがGoogleを信じるということです。また、Amazonは無期限に成長し続けるでしょう。」
また、それは明らかにAppleの株価冒険について説明する最も重要な要因であった。

Googleの広告収入およびAmazonのバーチャル・ショッピング・モールのビジネスは無期限に成長するかもしれない。
欠席する、1つの主な産業で変わる。

しかし、釘はその既存製品とサービスに会社が今日あるほど成功したAppleの将来に打たれる。

市場と消費者が単に移動し続ける前に、その会社は投資者の心の中で、同数の「S」製品だけをリリースすることができる。

少なくともそれが2011年に楽しんだレベルおよび2012の最初の部分に、Appleが投資家の信頼を回復するために、それは、デスクトップを備えた過去、ラップトップ、音楽プレーヤー、スマートフォンに行いタブレットにするように、新しいカテゴリーを再定義することができることを示さなければならない。

この未来開発がウエアラブル・コンピューターになっても、テレビ、あるいは他のものが今のところ完全に不明である。
しかし、Appleファンは、それが起こるだろうと確信していると報告した。

一番しんどい!

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。