gaYa広告

2014年01月01日

レクリエーション・マリファナ販売1日目、知っておくべき10のこと。

麻薬とメディア

米国の雑誌「TIME」は、コロラドは新しい葉を売り始める。
それはほとんど新しいことで、また、コロラド・ビジネスは新しい葉を売るために準備をしていると2013年12月31日に報告していた。

2014年01月01日合法的なマリファナ販売の初日である。

あなたが、ロッキー山脈でか、あるいはまったく好奇心の強い人で,デンバーに行こうとしているのであれば、ここに、知っているべき10のことがある。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

1.このパ=ティは,成人だけに許されている。(This party is for adults only)
コロラドの合法化の主張者は、マリファナがアルコールほど危険でなく、他方を禁止する間に1つ規制しても意味をほとんどなさない、と主張した。
投票イニシアチブ(修正64/Amendment 64)は、人々が21歳より高年齢の人だけが共にすることができると正面で述べた。

2.観光客は歓迎されます。(Tourists are welcome)
非居住者は一度に4分の11オンスしか買うことができず、誰もそこから持ち出すことが許されませんが、コロラド住民および観光客の両方は1オンス以内のポットを所有することを認められている。

3.観光客には、法的に場所を見つけるより厳しい条件になるかもしれない。(Tourists may have a tougher time finding a place to legally light up)
法は、マリファナを「公然」と公に消費することができないと述べている。
また、デンバー役人は、自動車、公園、レストラン、歩道、音楽開催地のすべてを禁止に含むことを明らかにした。
ホテルは、煙を出すことにやさしいそれらの部屋は25%以内である。
つまり、ホテルでも75%は禁止である。
一服する最も安全な場所が個人の住宅になる。

4.マリファナ小売店は、すべてのコロラドの町で開いてはいない。(Marijuana retail shops won’t be open in every Colorado town)
多数の地方自治体は、レクリエーション・マリファナ販売を許可しないことを選んだ。
また、多くのポット店が、まだ許可するプロセスを終了するのを待っている。
デンバーは最も許可された店がある。
都市はこのグーグル地図上で有用にそれをリストした。
デンヴァー・ポスト(the Denver Post)は、緊密に州の全体にわたって店をモニターしており、ここでリストを更新する。

5.供給は要求を満たさないかもしれない。(Supply may not meet demand)
長い列になるかもしれない。
小さな量の開いた店およびコロラドの歴史的な社会実験への国際的な焦点を与えられて、職員は、ブラックフライデー(Black Friday)へ変わる「グリーンの水曜日(Green Wednesday)」に対する懸念を示しました。
コロラドで合法化努力の先頭に立った活動家メーソン・ツベルト(Mason Tvert)は、それらを一「種」のマリファナY2Kバグ(marijuana Y2K bug)と呼んで、それらの関係が満開を過ぎていると信じている。
しかし、さらに、彼は、ビジネスがより多くの顧客のために役立つためにそれらが売る量をしのぐかもしれないと述べた。

6.マリファナ現金だけで買うことができます。(Marijuana can only be bought with cash)
メーソン・ツベルトのような活動家は、信用を受理するか、支払カードを受理するかの選択のないポット・ビジネスを残した銀行業務規則を改良しようとしている。
変更が,遠くの地平線上にあるかもしれない間、マリファナのために買い物をすることは現金だけで今のところ行われるかもしれない。

7.レクリエーションあるいは、「小売り」のマリファナは、医学用のマリファナより高価になる。(Recreational or “retail” marijuana will be more expensive than medical marijuana)
コロラド・ポット店はまだ価格を設定している。
しかし、従業員は、状態によって徴収された税のために、レクリエーションの雑草がより高価になると言った。
Dank Coloradoと呼ばれる1軒のデンバー店は、8オンス当たり約US$30からUS$0で医学のマリファナを売り、で小売りポットを約US$40からUS$60で売ることを計画している。
デンバーでは、既存の医学マリファナ店だけが、小売りライセンスを申請することを許された。

8.恐らく、あなたは期待しないが、巡査は立ち会うだろう。(Cops will be out in force, though maybe not for the reason you’d expect)
デンバー警察署長は、現金でいっぱいのポケットを備えたラインで待つだろう買物客を保護するために、現場で彼のオフィサーがいると約束した。しかし、それらがそこにいるだろうと言う。外に求めるのではなく。それらが推測されない場合、雑草を消費している人々を見守る。
「私は、人々喫煙マリファナを捜して、特に外出するオフィサーのチームを持たないだろう。」とロバート・ホワイト警察署長(Police Chief Robert White)がデンヴァー・ポストに伝えた。
「苦情を得るか、それに衝突すれば、我々は確かにそれを調査するつもりである。我々は資源の平衡を保たなければならない。」と言っている。

9.主張者は、マリファナの重大な側を強調する。(Advocates will be stressing the serious side of marijuana)
メーソン・ツベルトと彼のマリファナ・ポリシー・プロジェクト(Marijuana Policy Project)のチームは、1つのデンバー店で最初の顧客がPTSD(post-traumatic stress disorder/外傷後ストレス障害の症状)と格闘するのを支援するためにマリファナを使用することを計画するイラクの在郷軍人であるように、医学のマリファナの購入の資格を彼に与えない条件を準備することにより、初日を祝っている。

10コロラドの評判は同じではないかもしれない。(Colorado’s reputation may never be the same)
メーソン・ツベルトは,合法的な草は、今新しいかもしれないが、結局人々に、それが標準となるだろう、合法化するために状態が最初にどれだったか思い出しさえしないかもしれないと言った。

コロラド状態は、他のマリファナ販売を州の評判を支配するために来るものと考えた。

議員チャーリー・ブラウン(Charlie Brown)は、最近のTIMEのインタビューで、「私は、マリファナがデンバーにはびこっていることをを感じることは、私たちの市民が望みません。」

「私たちはここで開拓者です。また、イメージは変わるでしょう。」と言っている。

これも禁酒法の発想だろう。

2014-01-01---米国のコロラド州で、マリファナが合法的に売り出された。
2014-01-01---米国で最初のレクリエーション用マリファナ店で知る10の疑問。
2013-12-21---前世界ユダヤ人会議の会頭エドガー・ブロンフマンが死去。
2013-12-11---世界初、ウルグアイは、マリフアナ全面合法化。
2013-08-16---シアトル公園で、3日間のマリファナ・フェストが復活!?
2013-05-31---元マイクロソフトの役員は、「マリファナ・チェーン」を立ち上げた。
2013-05-07---ワシントンで合法化されたマリファナは、好景気に結びつくか?
2013-01-01---コロラドで、合法的な会員制マリファナ・クラブが誕生!
2012-12-19---たばこメーカーのジャンプアップは、マリファナ市場への進出?
2012-12-14---オバマ大統領は、マリファナを合法化した州には行かない!
2012-11-26---米国の公立大学は、マリファナ専門の研究所を開設した。
2012-11-15---マリファナを合法化した米国の都市の警察は、マリファナ運転を心配。
2012-11-07---米国麻薬との戦いに挑戦する2つの州のポット投票。
2012-08-15---ヘロイン、モルヒネ中毒は、医学的に治せる!
1933-12-05---ユタ州が最後に、禁酒法を終わらせた。
1919-10-28---米国で禁酒法成立。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。