on-the-time.jp

2013年12月23日

最高値の株式市場だが、それらが来年も再びもたらす?

BBC Newsは、数を見る場合、素晴らしく、すべてがおしゃれに見える。
22%アップのダウ・ジョーンズ工業株平均株価(Dow Jones Industrial Average)、25%獲得されたS&P 500、および33%アップのナスダック(Nasdaq)。

ヨーロッパでは、FTSEが10%、およびDaxga22%高く上昇した。

ギリシャさえ、27%上昇した。

そして、日本を単に、日経の58%の上昇を見た。

主な株価指数から、私たちがグローバルな金融危機の下の線を引くことができ、それが2008年にスタートし2013年に終了した、と言うことができるように思われる。

私たちが悪い5年に、さようならと言うことができる。

Well, maybe。

日経のその上昇で始まった。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

外観をよりよく見える。

ドル建てで、株式市場上昇は、現地通貨上昇の半分より少なかった。

理由は要するにアベノミクスで、安倍晋三首相の経済政策は今、一年間のパワーで、そして、世界で最も大きなQE(quantitative easing量的緩和)に責任を負うようにプログラムした。

それは、1ドル円の値を5分の1削減しており、低金利で経済を氾濫させた。

結果は、株式市場のための好況、マツダのような特に輸出するストック、ソフトバンクおよび富士重工業で、円表示の中で170-200%の間で、それらのすべてを上へ上げた。

「しかし、Rabobankの上級の外国為替戦略家ジェーン・フォーリー(Jane Foley, senior foreign exchange strategist at Rabobank)によれば、大規模な戦いがまだ前方にあります。また、私たちが消費で見ている上昇はとどまらないかもしれません。」
対照的に、その年の強い通貨はユーロであった。
「それは驚くほど弾力がありました。」
彼女は次のように言います:
「ユーロ圏は危機から政治上密着力のあるレスポンスまで移り、さらに大部分はドイツによって生成されて、経常勘定の大幅黒字を作成しました。ユーロを強くしたものすべてで、その年の初めに、ほとんどのアナリストは、ドル/ユーロ・レートが約1.27だろうと考えました。今日、それは1.37近くです。」
そうすると、ユーロはなぜそれほど弾力があったか。

「1つの大問題がありました」とベーレンベルグ銀行のチーフエコノミストホルダー・シュミーディング(Holger Schmieding, the chief economist at Berenberg Bank)は言った。

「最終の貸し手はいませんでした。したがって、ギリシャのような小さな問題は全体のユーロ圏へ広がりました。」
「欧州中央銀行が最終の貸し手としての地位を確立して以来、すべてはうまくいきました。スペインは成長しています。ドイツは、成長すること、アイルランドとポルトガルで、成長している。」

また、アイルランドの主なインデックスの30%の上昇、スペインのアイベックスの17%の上昇およびポルトガルのための13%と、それらの株式市場はそれを反映する。

イギリスに関しては、第4四半期までに、経済が、誰かが想像したより速く回復していたことが急に明白になった。

ほとんどのアナリストは、その財政赤字はG20において2番目に高いままであるが、イギリスは2014年の西ヨーロッパで最も急成長している節約になるだろうと今予測している。

イングラン銀行頭取マーク・カーニー(Bank of England governor Mark Carney(は、米国にベン・バーナンキ(Ben Bernanke)として金融政策に締まることに対して同じくらい、上方へ相反する感情を持つ。

しかし、イギリスの必需品財産への市場反応が抑えられた。

それで米国のQEを徐々に弱まることに、良いニュースの多くが市場に織り込まれており、さらに増加するという成長している感じがある。より良いニュースは、大量を要求するだろう。

先細りになることは到着する。

今、先細りになることはスタートするところである。ストックは毎月US$100億の縮小で、概念全体で血色がよく見える。

しかし、サクソ銀行の上級市場コンサルタントニック・ビークロフト(Nick Beecroft, senior markets consultant at Saxo Bank)は「それは容易すぎるので、それすべてに関して血色がよくなりえない」と心配する。
「誰でも、庭のすべては有望であると思うように見える。また、私はその一致に苦しむ」と彼が言っている。

彼は、彼がユーロ圏問題の再起、北の中国海の大火災、インフレによって動力が供給されたまた熱いにコントロールする経済、および中国の成長中の沈下のような「氷山(icebergs)」と呼ぶものを指摘する

中国成長物語は昨年にわたってかなりのノックをとったが、約7%でGDPを備えた軌道で戻るように見える。

しかし、必ずしも誰もが確信しているとは限らない。

モルガン・スタンレー投資管理の新興市場のヘッドであるルーチャー・シャルマー(Ruchir Sharma, head of emerging markets at Morgan Stanley Investment Management)は、経済指標の正確さを質問して、10月にWSJ(Wall Street Journal/ウォール・ストリート・ジャーナル)のための強力な箇条を書き、中国の首相李克強を有名人が「人造である」(Chinese Premier Li Keqiang himself considered the public figures "man-made")と彼自身考えて実際に成長のより取捨選択的な法案を使用したことを示唆して、LKQインデックスと呼んだ。

7つの投資管理の共同創立者および管理者ジャスティン・アーカート=スチュアート(xJustin Urquhart-Stewart, co-founder and director of Seven Investment Management)は、それが輸出経済からサービス経済に変わるとともに、国が非常に揮発性になるだろうと言った。

「私たちはみな、サービスが中国の見本でないことを知っています。」と彼が言った。

「経済は成長し続けるでしょう。しかし、グラフは、私たちが慣れているその無慈悲な45%の角度で上昇しません。」
アーカート=スチュアートは、さらに2013がBric国の死を投資概念と実際に見なしたことを指摘します。

「一体全体、ブラジル、ロシア、インドおよび中国に関して類似したことがありましたか。それらはそれらが資金を売るのを支援するためにゴールドマン・サックス(Goldman Sachs)によってこの傘の下に組み立てられました。」
「5月22日に、最初の表示は起こりました、連邦準備局は、米国経済のその支援を縮小するでしょう。また、それは、資金がそれらから飛んだとともに様々なクラスの新興市場があったことをそれらの尊大な西側の運用委託先すべてに示しました。」
「ロシア、インド、インドネシアおよびブラジルは石のように落ちました。また、その後、今年の年末までに、私たちは、うまくやったものを見ます。韓国、メキシコおよびいくつかのように、アフリカの経済はすべてよく見えている。」

そのように、通貨は、別々に、リターンは2013によかった、しかし、ほとんどが確信の崩壊を見ない一方、市場はより大きな絶頂上へそれらを励起するニュースを見つけようと努力するかもしれない。

それはそうです、1930年代に最も大きな市場の多くが最高値にあるので、ちょうど最悪の景気後退から単に、それは単独で用心深い理性であるべきであると言っている。

2008年の大恐慌は、多くの経済学者が指摘し、警告をなんども出したが動き出してしまっていた経済を修正できず、どんどん泥沼の中に入っていった。

私は、なんと言うことかと唖然としていた。
そして、昨年末、自由民主党が政権を奪還し、安倍晋三首相の的確な行動を賞賛した。
世界中で止まり掛けている経済を動かすことは、半端なことではできない。

お金は『お足』という。
つまり、動かし続けなければお金は死ぬ!
まるでサメのような生態である。

今回のアイディアを出したのが麻生太郎であった。
しかし、それもまた漫画から得た知識であった。

つまり、世界経済の再起動の巨大エネルギーはアベノミクスと呼ばれるものであるが、それは日本の漫画が教えたことであり、その漫画は何かも判っている。
ただし、このに登場した評論家や経済学者は、そんなことも知らないで解説している。

多くの経済学者に言いたい。
まず、日本の漫画を読みなさい。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。