on-the-time.jp

2013年12月23日

ロボット競争は、切迫していない機械の上昇を明らかにする。

BBC Newsは、軍のために作成する新技術の責任を負った米国国防総省の部署DARPA(Defense Advanced Research Projects Agency/国防総省国防高等研究事業局)が米国のフロリダ州で、DARPAボット工学の挑戦(DARPA robotics challenge in the US state of Florida)で一日中展開したと報告した。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

黒く光る人間式のロボットは、高い梯子に張り付き、頂上まで登り、平衡、および安全ロープからの落ちるなど、様々なことが起こっていた。

MIT、NASAおよび韓国のRainbow Robotからのチームは、消火栓へ梯子に登ることからホースをねじで留めることまでの8つのタスクで競争した人々であった。

Googleに所有された日本のSchaftロボットはこの段階をトップで勝ち残ったと言っている。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。