2013年12月18日

2016年に、イギリスでポリマー紙幣を導入。

AFPは2013年12月20日に、イギリスの中央銀行であるイングランド銀行(Bank of England)は、合成樹脂のポリマーを素材とする5ポンド紙幣を2016年から発行すると発表したと報告した。

イングランド銀行がポリマー紙幣を導入するのは、300年に及ぶ歴史上で初となる。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

イングランド銀行の2013年12月18日の声明によると、新5ポンド紙幣(Polymer Banknotes)の肖像は第2次世界大戦下のイギリスを率いたウィンストン・チャーチル(Winston Churchill)元首相になる。
2017年には、イギリス女性作家ジェーン・オースティン(Jane Austen)の肖像を採用した新10ポンド紙幣でもポリマー素材を使用する。

現在、ポリマー紙幣は世界25か国以上で導入されており、そのうち少なくとも7カ国は全紙幣がポリマー製である。ただし、米国のドルやユーロ、円、スイスフランなど主要通貨では導入例がなく、ポンドが初となる。
イングランド銀行によれば3年にわたる調査で、ポリマー紙幣は従来の綿を素材としたコットン紙幣より汚れにくく、2.5倍以上長持ちする上、偽造もしにくいとの結果が出ており、国民の意見も聞いた上で素材変更を決定したと言っている。

昔、プラスチック合成紙がでたとき、早速印刷実験をしたことがある。
そのときに技術者に取材したら、高速に回転する円盤に樹脂を落とし、薄く広げると聞いたことがある。

少し、すべすべしすぎているように感じた。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。