2013年12月18日

2016年に、イギリスでポリマー紙幣を導入。

AFPは2013年12月20日に、イギリスの中央銀行であるイングランド銀行(Bank of England)は、合成樹脂のポリマーを素材とする5ポンド紙幣を2016年から発行すると発表したと報告した。

イングランド銀行がポリマー紙幣を導入するのは、300年に及ぶ歴史上で初となる。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

イングランド銀行の2013年12月18日の声明によると、新5ポンド紙幣(Polymer Banknotes)の肖像は第2次世界大戦下のイギリスを率いたウィンストン・チャーチル(Winston Churchill)元首相になる。
2017年には、イギリス女性作家ジェーン・オースティン(Jane Austen)の肖像を採用した新10ポンド紙幣でもポリマー素材を使用する。

現在、ポリマー紙幣は世界25か国以上で導入されており、そのうち少なくとも7カ国は全紙幣がポリマー製である。ただし、米国のドルやユーロ、円、スイスフランなど主要通貨では導入例がなく、ポンドが初となる。
イングランド銀行によれば3年にわたる調査で、ポリマー紙幣は従来の綿を素材としたコットン紙幣より汚れにくく、2.5倍以上長持ちする上、偽造もしにくいとの結果が出ており、国民の意見も聞いた上で素材変更を決定したと言っている。

昔、プラスチック合成紙がでたとき、早速印刷実験をしたことがある。
そのときに技術者に取材したら、高速に回転する円盤に樹脂を落とし、薄く広げると聞いたことがある。

少し、すべすべしすぎているように感じた。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。