2013-12-18

太陽の波長による虹。

NASAは、肉眼では見えない、、望遠鏡では見ることができる波長の広い範囲を示すため、NASAのSDO(Solar Dynamics Observatory/ソーラー力学観測所)からデータに基づいた太陽の新しいNASA映画(NASA movie)から得られた。

SDOは、波長を人間が見ることができる画像に変換する。また、光は様々な色へ色付けされる。

[AD] You can advertise on this site.

5800オングストロームの黄信号は、一般に例えば、温度約華氏10,000度(5700℃)のマテリアルから出る。それは、太陽の表面を表わす。
94オングストロームの極紫外の光は、SDO画像中で緑の中で典型的に色付けされ、温度約華氏約1100万(6,300,000℃)である原子から来て太陽フレアを見ることによい波長で、それはそのような高温に達する場合がある。

SDOによってだけでなく、いろいろな波長で太陽を調べることによって、NASAのインタフェース地域イメージング分光写真(Interface Region Imaging Spectrograph)、NASA太陽地球関係天文台(Solar Terrestrial Relations Observatory)とESA(European Spacey/欧州宇宙機関)/NASA 太陽観測宇宙天文台(Solar and Heliospheric Observatory Agenc)によってもされていることで、太陽の大気による粒子と熱の動きがどのように行われるかを科学者は追跡することができる。

Image Credit: NASA Goddard Space Flight Center

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.