2013年12月18日

偽ビンテージ・ワイン・ディーラーは、有罪と判決。

BBC Newsは、ワイン・ディーラーは、違法収益用の偽ヴィンテージ・ボトルを製造することにおいてニューヨークで有罪と立証されたと報告した。

37歳のルディー・クルニワン(Rudy Kurniawan)は、2013年12月18日水曜日に2つの訴因で連邦裁判所のワイヤーおよび郵便の不正行為で有罪判決を下された。

彼は、彼のカリフォルニア州アルカディア(Arcadia, California)キッチンで作られたワインで、買い手を騙して、まれなことと、思わせたことで告訴された。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

インドネシア生まれのぶどう酒売買業者の彼は、2012年に逮捕されて、2004年-12年の偽造のボトルの中でUS$130万以内を売ったことで告訴された。

当局は十分でラベルが付いていないボトルと共に素晴らしいブルゴーニュとボルドーワインのためにKurniawanの自宅で何千ものラベルを見つけたと言われていた。

ルディー・クルニワンの不正行為はロサンジェルス郊外で豊富なライフスタイルに資金提供した、と検察官が言った。

熱心な収集者自身ゆえ、ルディー・クルニワンは世界で最良の熱狂的ファンのうちの1人と以前考えられた。

2006年には、単独で、彼はオークションで12,000本までのボトルを売ったと信じられていた。

検察官は、ルディー・クルニワンが彼の「マジックの地下室」(magic cellar)」としてそれを引用した彼がキッチンで少なくとも1,000本の偽のボトルを生産したと主張した。

「それは巨大な量です」と検察官ジョーゼフ・ファチポンティ(prosecutor Joseph Facciponti)がメディアに伝えました。

「これは重い規模に対するオペレーションでした。」
防衛弁護士ジェローム・ムーニー(Defence attorney Jerome Mooney)は、ビンテージ・ワインの何千ものボトルを買う際に、市場に出ているそれらの広範囲の有効性を与えられた少数の偽物を不注意に購入せざるをえない身代わりとしてルディー・クルニワンを描写した。

ルディー・クルニワンは判決が2014年4月24日に下される予定になっている。

味覚も知識も無く、成り上がりが耳学問知識で欺された。

先日、レモンの匂いが判らない人が、能書きを言っていた。

2013-10-14---グラス1杯が24万円の最高級シャトー・マルゴー。
2013-04-13---億万長者ウィリアム・コッホは、ワイン詐欺事件にUS$1200万を勝ち取った。
2013-04-03---偽のワインは、NYの億万長者にオークションを中止させた。
2013-03-20---2世紀前の難破船から発見された「世界最古のビール」を復刻発売。
2012-01-19---エドワード8世戴冠式ビール?は、まだ飲めます。
2010-09-24---満月に醸造した神秘のビール「Paix-Dieu(平和の神)」を日本で販売。
2010-07-18---バルト海の海底で「世界最古のシャンパン」を見つけた!
2009-11-16---南極大陸でスコッチ・ウィスキーを掘り出すのためにドリルで穴開け!

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト