gaYa広告

2013年12月17日

2013年の米国Appチャートで、Facebookがトップ。

Mobile World Liveは、市場情報会社ニールセン(Nielsen)によれば、Facebookは1か月当たり1億340万人のユニーク・ユーザーを登録して、2013年の最初の9か月中の米国で最も使用されたAppだったと報告した。

前年比のユニーク・ユーザーが66%増加して、Facebookによって所有されている写真共有アプリInstagramはトップ10で、最も急成長しているタイトルだった。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

それは3200万人のユニーク・ユーザーと、期間中の7番めにポピュラーなAppだった。

Apple’s Maps、3190万人のユーザーと8位にランクした、64%で2番目に大きな成長を見た、それが2012年9月のiOS6で最初に並んで導入された時サービスを尾行した問題を克服した。

それに比べて、FacebookAppは、前年比でユーザーが27%増加するのを見た。

GoogleはFacebookの後にリストを支配した。

2番目にポピュラーなスマートフォンAppは7600万人のユーザーに達するために37%増加する使用法と共に、Google Searchだった。

Google Playは、1か月当たり7370万人のユニーク・ユーザーで、前年比28%アップであった。
YouTubeは7200万で、28%アップ、
Google Mapsは6860万で、14%アップ
Gmailは6440万で、29%アップと、続いた。

Twitterはちょうど金融サービスAppはのStocksの後ろで、36%アップし、3080万人のユーザーとともにトップ10に入った。
それにはさらに3080万人の毎月ユニーク・ユーザーがあった。

App使用法の成長の側に、米国スマートフォン浸透は、その年の初めに56%から10月までに65%のモバイルの加入者へ、増加した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

gaYa広告